「Tai Chi(太極拳)」を習っていましたよというお話

China Cloud Mountain

-Photo by SAM LIM from Pexels

前書き

西海岸に住んでいる時に二年ほど夫と「太極拳」を習っておりました。
何事にも、浅くしか経験出来ないというのが私の常です。

きっかけは、夫が二人で体に良いことを始めたいと言ったことから。

なぜ太極拳を選んだかと言うと、夫は海やプールで泳ぐ事は好きなのですが、基本的にジムでワークアウトをする事が嫌いで、私は泳ぐのは苦手ではないのですがそれを日課にするのは嫌。

柔道や空手などのマーシャルアーツは痛そうですし、流れるようなスムーズな動きが心身共に良さそうという事で、以前から興味のあった太極拳をやってみようと私が提案。

広告で見つけ取り合えず参加してみましたら、なかなかこれが楽しかった。
しかし、”流れるようなスムーズな動き”を身につけるには、体力と時間がかかるとすぐに思いました。

そして、元々カンフー映画好きだったので、太極拳もマーシャルアーツの一つだという事を学びますます興味が湧いて。

私たちが初めに学んだ型は「二十四式(簡化太極拳)」というもので、大概の初心者がこの型から太極拳を始めるのだと思います。

太極拳にもいろいろな門派がありまして、ご説明は第4回世界伝統武術大会(中国・湖北省)太極拳、金メダリストである静慧(Jing Hui)/ いしい まゆみ様のブログより引用いたしました。

現在の通説では、河南省からの陳氏太極拳が原型、と言われています。
そこから分かれた楊氏、呉氏、武氏、孫氏を合わせて五大門派と言います。
それぞれの門派は、たとえば陳式は武術の要素が強いなど特徴があります。
これらの伝統拳に対し、太極拳をもっと広めようとして中国政府が作ったのが
制定拳で、一般によく知られている簡化24式が含まれます。
楊氏太極拳をベースとして、伝統拳の套路(動き)を簡略化したり
複数の門派の套路を複合して作成しています。

引用元:体と心が目覚める太極拳 / カンフー(功夫)の意味と、太極拳

その後、剣を使用した32式太極剣と陳式太極拳、推手を学びました。
興味が湧いた方は映像でどうぞご覧ください。

映像で見る私が学んだ「太極拳」

24式(簡化太極拳)

出典:Tai Chi 24-form / RyogaHJ

少々古い映像になりますが私たちが当時、参考にしていたものをYouTubeで見つけたのでこちらを貼り付け。

足首の柔らかさ、キツめのポーズも滑らかに動いてゆく姿が美し過ぎるのです。
体の硬い私には致命的でしたが、「自分自身の健康のための太極拳だから、無理せず出来る範囲でやってね」という優しい先生の言葉で気も楽に。

32式 太極剣

Tai Chi Sword Form 32 Yang Taiji Jian /
taichitsao

二人目に太極拳を学んだ先生Master Tsao(Jesse)の映像を見つけました!
夫は未だにこの先生とは連絡を取り合っている様子。

この32式のために、夫がとても美しい、皆にそのデザインを絶賛されるほどの太極拳用の剣をプレゼントしてくれたのですが、少し重たく情けない事に、その剣を使いこの型を通しで出来た事がありません。

この時、練習用の剣の重さはデザインよりも大切と学びましたよね。
その剣の画像をアップさせたかったのですが、現在手元にありません。

日本への引っ越しの際、”剣=武器”となどと誤解されトラブルになるのを避けたかったため、義理ママに預かってもらっていたのですが今もそのまま☆

陳氏太極拳

陳氏太極拳 老架一路 1 陳正雷 /
nommbe

陳式太極拳を伝達してきた陳ファミリーの後継者、陳正雷(Chen Zhenglei)による陳式太極拳の映像です。

夫がハマり今でも時々練習しているのがこの陳式太極拳。
グランドマスターである、陳正雷氏のクラスを夫は何度か受けています。
私は映像を見ているだけでも息が上がってきそう。

こちらは初心者向けではないですね。
この陳式太極拳に付属してPush Hands(推手)も学びました。

太極拳 Push Hands(推手)

Tai Chi Push Hands Taiji tui-shou /
taichitsao

相手の動きを予測しながら手を使い攻防を繰り返すというもの。
Jesse先生たちの動きはハイレベル過ぎますが、こういったイメージで行います。

太極拳を学ぶ上で一番大切な動きとも言われているようです。

「Wushu(ウーシュー)」とジェット・リー

私たちは二人の先生から太極拳を学んだのですが、一人目の先生の学校には「Wushu(ウーシュー)」という中国武術をベースとして生まれたスポーツのクラスがあり、そこで台湾や中国にルーツを持つ子供たちが、華麗に舞う姿を見ることが出来たのも楽しかった。

大ファンなのですが、今はシンガポール俳優のジェット・リー(李連杰 / リー・リンチェイ)は、子供の頃から中国武術を習っていて「Wushu(ウーシュー)」の中国大会で優勝した事があるという事実を聞きなるほどなと深く納得。

李連杰 (リー・リンチェイ)/ Jet Li 子供時代「中国武術大会」での優勝映像

李连杰 1978年全国武术冠军 长拳表演 / sharpdie

ジェット・リーはその後、太極拳を基礎から学びアメリカ映画「The One(ザ・ワン)」でも披露しています。

太極拳を始めて、益々ファンになってしまった私と夫のジェット・リーコレクションがこちらです♪

パッと見える所の物だけを集めてみましたが、探索すれば他にも見つかるかも。

Jet Li collection DVD

もちろんブルース・リーやジャッキー・チェンのファンでもあるのですが、ジャッキー・チェンは中国武術を基礎から学び、スターになった方ではないのですよね、初めは信じられませんでしたけど。

中国武術の天才的なセンスはある俳優だけど、基礎は学んでいないのよと先生から聞きました。

中国を代表する武道家の俳優と言えば、ドニー・イェンを忘れてはいけませんが、中国の最高指導者である習近平氏が香港で行われたデモに対する会見をされた際、横に並んで立っていたのがなんだか気になりました。

それはともかく。

武道を極めた方に見て取れる、独特のやわらかい空気感が好きです。
そんな空気感を周りに纏った方を見ると、強さとしなやかさというのは紙一重なのだと思い知らされる。

最後に

太極拳を学ぶ事は面白かったのですが、それと平行して中国に纏わるフェスティバルなどに皆で参加できる事がまた楽しかった。

チャイニーズ・アメリカンの親友とは、ここで出会った訳ではなかったため、イベントがある際は誘い、彼女のお母様と言葉は全く通じないものの、一緒に太極拳が出来たのも楽しい経験でした。

いつか台湾や上海、北京で早朝に太極拳をされている方々に交じり、一緒にやってみたいなと思ってはいるんですよね〜。

しかし、ここ何年もしていないので、まずは練習から始めないとという感じではありますが、「太極拳」は末永く付き合っていけるマーシャルアーツ。

そろそろ、重い腰を上げて再開したいなと思っております。

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください