アメリカで「タオルケット」を探す

blanket cozy

-Photo by cottonbro from Pexels

日本で子供の頃から慣れ親しみ愛用してきた「タオルケット」。

使わない季節にはその存在すら忘れているのですが、今時期あると丁度いいのになと必要な時にだけ、ふと思い出すんですよね。

アメリカには「タオルケット」という代物がありません。

「タオルケット」は、towel(タオル)とblanket(ブランケット)を足して作られた和製英語だそうですよ。

実際に今、口に出して言ってみると不自然な単語かも「タオルケット」。

しかし、今まさにそんな「タオルケット」が欲しい時期。

そんな事で今回は、Amazon USAより「タオルケット」に変わる品物をピックアップしてみました♪

お時間の許す方は、お付き合いください。

Soft and Cozyそう♡な「ブランケット」

Bedsure 綿100%サーマルブランケット

Madison Park リキッドコットン ラグジュアリーブランケット

UniDes 大人と子供のためのマスリンコットンブランケット

最後に

本日、夫は無事に2回目のワクチン接種を済ませました。

打ったのはファイザー社のワクチンです。

1回目に打った際に頂いた、証明書カードを持参するのスッカリ忘れてしまいましたが、問題なくストレスフリーに再発行してもらえました。

特に目立った副反応もないようで、一安心。

1つの大きなイベント事をクリアーしたかのような、晴れやかな気持ちです。

日本のワクチン接種率は低く、勢いもなく遅れているため地方である地元では次々とクラスターが発生していて、まだ70歳以上の親戚も打てていないと言うし、ヤキモキしております。

まず、予約が窓口と電話のみという事に驚き。

お年寄りは気温も上昇する中、病院の前でワクチンの予約を取るために行列を作っているそうです。

地方だから仕方がない、で済む問題なのか……

ワクチン接種さえ出来れば、日本はアメリカのように人口もいないのだし、一気に感染率、死亡率ともに落ち着きそうなものですが。

ただただ遠くから見守るのみ。

日本から私のブログにたどり着いてくれた皆さまは、ワクチン接種まで感染対策を万全にしてお過ごしください。

【広告】あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください