メイクの最後に♪より肌を美しく仕上げる「ルースパウダー」

makeup powder

-Photo by Marcelo Moreira from Pexels

日焼け止めや下地クリーム、リキッドファンデーションなど塗ったあとに化粧崩れ、テカリ防止として使用するルースパウダー。

こちらだと「Loose Powder」とか「Finishing Powder」と呼ばれるものです。

前回ご紹介した、”オールインワンファンデーション”の最後にはたけば、より一層美しく仕上がる♪

そんな事で今回は、Amazon USAから実際使用してよかったもの、楽天サイトからは口コミ評価の高いルースパウダーをご紹介します!

ぜひ、今後のご参考までに。

Amazon USAより使用してよかった「ルースパウダー」♪

メーカー別にご紹介しています。

bareMinerals(ベアミネラル)

日本でも人気の「ベアミネラル」コスメのフィニッシングパウダー。

軽いつけ心地でよいのですが、このアイテムにはUV効果がないので、下地やファンデーションは日焼け止め効果があるものが必須。

ちなみに”ベアミネラル”のコスメは「Complexion Rescue Tinted Hydrating Gel Cream (CRティンデッド・ジェル・クリーム)」と「Gen Nude Matte Liquid Lip Color(ジェン・ヌード・パテント・リップラッカー)」も愛用しています。

フルメイクをする機会が滅多にないため、なかなか使い終わりませんけどね。

Neutrogena(ニュートロジーナ)

今や日本でも販売されている、プチプラコスメ「ニュートロジーナ」のルースパウダー・ファンデーション。

20代の頃からたびたび使用していますが、化粧品メーカーを20代の頃から変えてないというのはどうなのだろう。

ドラッグストアやスーパーでも気軽に購入できますし、肌トラブルも起こらないのでときどき使用しています。

CHACOTT(チャコット)

日本のバレエ・ダンス用品を取り扱う「チャコット」より、汗や皮脂に強いステージコスメ「CHACOTT FOR PROFESSIONALS」のフィニッシングパウダー。

日本では、確かソニプラなどの雑貨屋さんでも購入できましたよね。

Amazon USAでも買えます♪

値段の割に、使い心地がとても良くて気に入っているんですよね。

楽天で口コミ評価の高い!「ルースパウダー」

ショップ別にご紹介しています。

自然化粧品研究所

日本生まれのフェイスパウダー「シルクパウダー」。

余分な皮脂を抑え、毛穴をカバーして化粧崩れを防止してくれます。

シルクパウダーは透明タイプなので、お肌の透明感を損なわずサラッと軽く、ナチュラルな仕上がり。

ビタミンC誘導体のトゥヴェール

光に当たると絹独特の光沢を発する、シルクアミノ酸100%パウダー。

余分な皮脂を吸い取り、陶器肌に仕上げてくれます。

仕上げや薄化粧、スキンケアパウダーとして。

エクセレントメディカル

コンディション問わず、いつでも使えるミネラル&ナチュラルフェイスパウダー。

敏感肌・脂性肌など肌質も問いません。

ミネラル設計をベースに植物由来の整肌成分を配合し、さらにUVカット仕様で紫外線、ゴミ、乾燥などからお肌をガードしてくれます。

最後に

日本のコスメアイテムでは、「シルク」や「陶器肌」などの”透明感”や”白さ”を打ち出したアイテムに人気が集中しているようです。

私は肌を白く見せることに興味がなく、日に照らされた健康的なスキンカラーに憧れるため、BBクリームやルースパウダーなどは、元々の肌の色よりもワントーン暗めを選んでいますね。

その方が出来てしまったシミも隠しやすいとも思っており。

普段は日焼け止めに、気になるときはルースパウダーを叩くというだけのメイクしないのですが、それでもパウダーは軽いつけ心地のものが好きです。

お仕事により、そう薄化粧でもいられない方もいらっしゃるでしょうし、コスメをいろいろと使用するメイクがお好きな方もいらっしゃるでしょうね。

いろんな国から、ブログを覗いてくれている皆さまはいかがですか?

赤いポインセチアがいろんなショップに並ぶ季節ですね♪

我が家のポインセチアは、葉を赤くする作業をしなかったので緑々としたグリーンのままですが。

鮮やかなポインセチアの色のように、皆さまの気分も華やぎますように♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください