「大寒」の時期☆風邪やインフルエンザの予防におすすめ!食品&アイテム5選

Sleeping Cat 猫

-Photo by Phil Ejercito

東京地方は、大雪に見舞われているとか。

雪が降ると、雪にそれほど慣れていない都心では、電車の運休や遅れが続いて大変ですよね。

私が東京近辺に住んでおり、都心に仕事で通っていた頃もよく雪が降った時期でした。

ドクターマーチンのブーツを履いて通勤しておりましたが、雪道での歩き方がわからずよく転んだものです。

歩道橋の階段を降りる時は、手すりを掴まないと前へ進めないほど。

それに比べ、北海道や東北地方出身の会社の先輩や友人は、雪の道を歩くのがとても上手で流石と感心したのを覚えています。

さて、そんな日本の暦の上では「大寒」という最も厳しい寒さの中、今回は風邪やインフルエンザの対策グッズをご紹介します!

免疫力をアップさせるのに効果をもたらすと言われる食品や、喉を潤してくれるお茶、防寒アイテムなどを楽天サイトから抜粋してみました♪

風邪やインフルエンザ対策におすすめ☆食品&アイテム

米麹だけで作った甘酒 国産米麹 無添加

甘酒には、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖など多くの栄養素が含まれており「飲む点滴」とも言われます。

そんな甘酒には2種類あり、米麹から作られた甘酒はアルコールを含まないため、お子様から妊婦さんまで安心して飲める♪

何となく体調がすぐれないと思ったら、疲労回復、免疫力アップ、安眠効果が期待される「米麹だけで作った甘酒」はおすすめの飲み物です。

リコリスティー(カンゾウ茶、甘草茶)

リコリス(甘草)と呼ばれるハーブには、”グリチルリチン”が含まれており、咳や喉の炎症を抑える働きがあると言われています。

「甘草湯」をはじめとした漢方薬にも使用されていて、花粉症などのアレルギーの緩和にも効果が期待されるとか。

美容にも良い効果をもたらすと言われるやさしい甘さのお茶を、風邪対策として活用してみませんか?

超厚手レギンス

体温を逃さない!

抜群保温効果の超厚手レギンス。

ストレッチが効いているから動きも楽々。

ビタミンC (L-アスコルビン酸)

ビタミンCを摂取すると風邪を引きにくく、風邪を引いてしまった場合も早く回復する傾向にあると言われています。

また、ストレスと戦う抗ストレスホルモンを作る大切な栄養素でもあり、アンチエイジングに必要なコラーゲンを生成、促進する効果も。

ビタミンCは小まめに取ることがポイント。

マヌカハニーUMF10+

今や健康食品として大人気の「マヌカハニー」。

栄養価も高く、高い抗菌活性力を持つマヌカハニーには喉の痛み、風邪、インフルエンザの予防にも効果があると言われています。

”UMF”の文字は、ニュージーランドの特定期間が検査し認定をしている表記。

「UMF10+」は、一般的な消毒効果の10%以上の抗菌力をもつという意味です。

最後に

いかがでしたか?

それでも、風邪を引いてしまったら水分をしっかりと補給して十分な睡眠を。
”風邪は万病の素”とも言いますからね。

雪が積もる中、通勤や通学をされなければいけない方は、しっかりと防寒をして足元にもご注意くださいね。

私は、雪の降る中を運転した事がないのですが、ニュースでスリップ事故も多発していると読みました。

雪道での運転が慣れない方は、雪が落ち着くまで運転は控えるか、くれぐれもお気をつけください。

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください