カセットテープ時代から聴いている「夏の歌」の話と夏に最適な「バッグ」♪

Flowers Bag

Photo by Adrienne Andersen from Pexels

次々と世に生み出される、まだ耳慣れない新曲を聞いてみるのも新鮮で良いなと思うんですよね。

しかし、絶対にその季節に聞いておかないと気が済まない季節の曲がありまして。

私は、1曲と限定はできないのですが「杏里」のアルバムを取りあえずは聞かないと夏が始まりません。

作詞家で小説家の吉元由美さんが書く詞も好きです。

杏里というと、バブル時代のイメージが強い方もいらっしゃるようですが、私がアルバムを借りてカセットテープにダビングしていた頃は、バブルは弾けていたんですよね。

その余韻は残っていたとしても。

彼女の歌のように、しっかりと自立したクールな女性に常に憧れを抱いていました。

現実はそうはいきませんでしたけど。

話は脱線しますが、自立したクールな女性と言えば、小説家の片岡義男さんが書く小説に出てくるような女性や今は亡き、森瑤子さんの小説の主人公のような女性が、私が高校時代から大人になるまで憧れ続けた女性像だったんですよね。

今、好きな季節は”過ごしやすい中間の季節”の秋ですが、10代や20代の頃は何よりも夏が好きでしたから、そんな季節に飽きるほど杏里のアルバムは聞いて、一時期は本気で飽きて。

いつの頃からか再び聞き始め、いろんな時代にいた夏の自分に思いを馳せている感じです。

ちなみに、夫の夏のテーマソングはプリンスの「Summer Time」だそうです。
ここ何年かでどっぷりブルースに染まっている夫ですが、彼の基本はプリンスで出来ていますからね。

プリンス様のアルバムは、限定版のものを除けば全て我が家に揃っていると思います。

皆さまの夏のテーマソングは何ですか?

さて、そんな中、今回は大人女子の夏を彩るバッグのご紹介です!

ぜひ、お楽しみください♪

夏バッグ【楽天編】

舟形 かご トートバッグ

バンブーの持ち手がポイント スクエアハンドバッグ

The Bagmati ウィッカー×レザー カゴバッグ

夏バッグ【Amazon USA編】

Bydenwely キャンバス ショルダー バッグ

ハンドメイド ラタン ストローバッグ

QTKJ 手編みラタン トートバッグ ウッド ラウンドトップハンドル付き

最後に

いかがでしたか?

新しいアイテムは、見ているだけでも旅行の計画やバケーションのアイデアが広がってゆくようで楽しいですよね。

お気に入りの音楽を聞いたり、アロマの香りに癒やされたりして憂鬱な梅雨入りを快適にお過ごしください♡

毎日の暮らしをヘルシーでハッピーに♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください