Mine「마인」(2021)

zinnia flowers

-Photo by Swapnil Chakraborty from Pexels

アメリカのNetflixより韓国ドラマ「Mine」を全話見終えました。

サスペンス、スリラーそしてミステリーでもあったこの作品は、壮大なスケールで描かれたソープオペラ。

予告編から興味をそそられ見始めたのですが、この作品には通常通り、日本語吹き替えがなかったので、1話が1時間少し全16話という長い長い道のりの英語字幕を、頑張って読みきったという妙な達成感があります。

もちろん、物語に引き込まれていったから途中で諦めることなく見続けられたのですが。

ときどき、音を上げてしまう作品はあります。

「Mine」は予想だにしない展開が次から次へと繰り広げられていくため、見ていて度肝を抜かれました。


ストーリーの中心となる財閥のヒョウォングループは、上流階級の一族でセレブレティらしく、皆の服装がとてもファッショナブルだったところにも惹かれ。

特にセレブな女性陣が集うシーンは、ファッション雑誌を切り取ったように綺麗でスタイリッシュ。

演出を手掛けたイ・ナチョン監督に主演のイ・ボヨン、キム・ソヒョン、その他のキャストの俳優陣、私は皆お初でした。

個人的にはキム・ソヒョンの役柄が1番好きだったかな。

格好良く、新鮮でとても素敵でした。

出典:김서형 🇰🇷(@kim_seohyung)/ Instagram

そんな事で今回は「Mine」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、今後のドラマ選びのご参考までに♪

あらすじ(第1話)

修道女のシスター・エマは息を切らし、人が死んでいるのを見たと警察に伝える。

そんな出来事から60日前に遡り、物語は始まります。

ヒョウォングループ会長の長男の妻であり、自身も財閥出身のチョン・ソヒョンは、新しいメイドと家庭教師の面接をして2人を雇う。

家庭教師のカン・ジャギョンは、次男であるハン・ジヨンと妻ソ・ヒスの息子である、ハン・ハジュンにどうかとヒスに話し、彼女も面接した上でジャギョンを雇う事に決めた。

一家はハン・ジヨンの亡き母の誕生日を祝うため、屋外で豪華な誕生パーティを開きディナーを楽しんでいたが、会長ハン・ジニがとても貴重だと言われる”ブルーダイヤモンドのネックレス”を家族の誰かに贈ると発表した直後に倒れ、病院に運ばれてしまい・・・

配信日:2021年5月8日(日本、米国)
配信会社:Netflix
演出:イ・ナチョン
脚本:ベクミギョン
エピソード:シーズン1 全16話
出演者:イ・ボヨン、キム・ソヒョン、イ・ヒョヌク、パク・ウォンスク、パク・ヒョックォン、チョ・ウンソル、オク・ジャヨン、チョン・ドンファン、キム・ヘファ、パク・ソンヨン、チャ・ハギョン、チョン・イソ、その他

相関図

「Mine」には登場人物も多く、私には相関図が必要だったため、こちらにも画像をお借りして貼り付けてみました。

「Mine」日本語字幕 予告編

出典:Netflix Japan / YouTube

最後に

ストーリーにはいくつもの展開があり、最後まで本当に見応えがありました。

物語はよく前後するのでタイムラインにも注意が必要。

今後、演出されたイ・ナチョンと脚本家ベクミギョンが手掛けた作品、キム・ソヒョンが出演する作品には注目していくと思います。

サスペンスドラマやミステリーもの、ソープオペラが好きな方はぜひ!!

【広告】■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください