Ramen Shop / Ramen Teh「家族のレシピ」(2018)

herb spice

-Photo by Mareefe from Pexels

アメリカのNetflixより「Ramen Shop / Ramen Teh」邦題「家族のレシピ」を見ました♪

この作品はシンガポール、日本、フランスの合作映画で食文化や家族愛がテーマの心温まるドラマ映画。

監督はマンガ家、辰巳ヨシヒロの自伝映画「TATSUMI マンガに革命を起こした男」の監督を務めた、シンガポール生まれのエリック・クー。

主演は日本で大人気の俳優、斎藤工。

ドラマや映画、バラエティでも活躍されていてとても素敵でスマートな俳優さんだと思う。

私はやはり「昼顔」のドラマが記憶に新しい。

「Ramen Shop」は夫が見つけた映画だったため、映画情報ゼロ状態で鑑賞しましたら、永遠のアイドル聖子ちゃん(松田聖子)も出演されていて、テンションも上がり♡

こちらのNetflixで見ると字幕は全て英語ですが、映画は日本語と中国の公用語のマンダリン、それと英語で構成されています。

今回は、そんなハートフル映画「家族のレシピ」のあらすじを少しだけご紹介します!

今後の映画選びの参考にしていただければ幸いです♪

あらすじ

主人公の真人と父親は、群馬県の高崎市で家族経営のラーメン店を営んでいた。

仕事は真面目にこなす父だったが、無口で真人ともあまり会話をしたがらない。

そんなある日、父親が突然亡くなってしまう。

家で父親の遺品整理をしていた真人は、母の若かりし頃の写真や母が書いたと思われる日記を見つけた。

真人の母親は彼が10歳のときに病気で亡くなっている。

その日記には、数々の料理のレシピも記されていた。

真人は以前から、シンガポールに住む”美樹さん”が運営するホームページを見るのを楽しみにしていた。

そんな美樹さんにも頼り、子供の頃、家族で住んでいたシンガポールへと旅立つのだが・・・。

公開日:2019年3月9日(日本)
監督:エリック・クー
脚本:ウォン・キム・ホー、フォンチェン・タン
製作:ジュンシアン・ハン、山口普
製作総指揮:橘豊、フォンチェン・タン
製作国:シンガポール、日本、フランス
出演者:斎藤工、ジャネット・アウ、松田聖子、マーク・リー、伊原剛志、他
音楽:ケビン・マシュー、クリスティン・シャム

「家族のレシピ」日本版 予告編

出典:斎藤工主演、松田聖子共演!映画『家族のレシピ』予告編 /
moviecollectionjp / YouTube

最後に

国際結婚をされている方々の心にも響く作品だと思いました。
私も夫も結構泣いた。

そして、この映画を見るともれなく「肉骨茶(バクテー)」が食べたくなります。

バクテーとはマレーシア生まれのスープ料理で、マレー語の表記は「Bak kut teh」。

バクテーの発祥を巡り、マレーシアとシンガポールでは論争が起きるほど歴史の深い郷土料理なのだとか。

いつの日か本場のバクテーを食べてみたい♡

日本でのDVD、ブルーレイのレンタル開始日や、ネットからの配信日はまだ発表されていないようですが、秋の夜長やホリデーシーズンにピッタリの心温まる映画だと思います♪

劇場公開を見逃しまった斎藤工さんファンの方、ハートフル・ムービーが見たいと思っている方にぜひおすすめの映画です!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください