The Wailing「哭声/コクソン」(2016)

dark forest

-Photo by Francesco Ungaro from Pexels

おすすめ韓国映画のリストに必ずといっていいほどある、「哭声/コクソン」米題「The Wailing」をAmazon USAより見ました。

ハロウィンは過ぎましたが、アメリカではハロウィンシーズンにホラー映画が公開されるものなので、肌寒くなってくるとホラー映画が見たくなるんですよね。

しかし、こちらの「The Wailing」、怖くて面白くてどうして今の今まで見なかったのかと後悔してしまうほど好みの映画でした。

監督を務めたのは、あの「チェイサー」を手掛けたナ・ホンジン。

「チェイサー」は、私の中の韓国映画ベスト3位内に入るくらい面白いと思った映画。

ホラー映画に近い、サスペンス、クライム映画は韓国の作品が多分私は一番好き。

物凄くヴァイオレンスだとは思うのですが。

見ると精神的に結構やられるので、立て続けには見られないのですが好きです。

主演は韓国で活躍する俳優、クァク・ドウォン。

日本の俳優、國村隼も出演されていて、韓国の青龍映画賞では外国人として初の男優助演賞と人気スター賞を受賞しています。

今回はそんな、ホラーでサスペンスな映画「哭声/コクソン」のあらすじを少しだけご紹介します!

まだご覧になっていない方は、ぜひ今後の映画選びのご参考までに♪

あらすじ

警察官のジョングは、韓国の田舎村「谷城(コクソン)」で妻、子供、母親と平凡に暮らしている。

ある日、村で殺人事件が起こり現場に向かうとそこは、今までにジョングが見たことないような、猟奇的殺人事件の現場だった。

犯人は家族の一員ですぐに捕まるが、殺人を犯した原因は毒キノコの幻想によるものだと判断される。

異常な殺人事件はその後も続き、村人たちの間では、日本人と思われる”よそ者”が村に来た後から、異様な事件が始まったと噂されるようになり・・・。

公開日:2017年3月11日(日本)
監督:ナ・ホンジン
脚本:ナ・ホンジン
出演者:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、キム・ファニ、チョン・ウヒ、他
音楽:タル・パラン、チャン・ヨンギュ

「哭声/コクソン」日本版 予告編

出典:シネマトゥデイ / YouTube

最後に

いろいろ疑い、いろいろ考えさせられた映画でした。

ドキドキ感は半端ない。

子役のキム・ファニの演技も凄まじかった。

将来は素晴らしい俳優さんになることでしょう。

そういえば、映画の中で”シャーマン”が登場するのですが、日本でいうイタコのような人、韓国にも存在するんだなぁと思いました。

こちらで知り合った韓国人、韓国系アメリカ人の方々は皆、キリスト教徒なので、韓国にはキリスト教徒が多いイメージが勝手にあって。

でも、調べると韓国にはカトリックの方も、仏教徒の方もいらっしゃるからシャーマニズムもない事ないのかと。

そんな事ですが、とにかく「哭声/コクソン」は面白かった。

まだ見ていない方でホラーもの、サスペンスものがお好きな方はぜひ。

次、ナ・ホンジン監督の作品が世に出るのはいつだろう。

とても期待しています!

【広告】■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください