I Care a Lot(2020)

Blue Room

-Photo by MIRTO KON from Pexels

米国のネットフリックスより、スリラーでダークコメディな映画「I Care a Lot」を見ました。

配信されてからしばらくの間、ネットフリックスのランキングでトップ10入りしていたので、気になって。

予告編を見た時、邦画「後妻業の女」に似た感じの映画なのかなと思ったのですが、ちょっと違いました。

裕福なお年寄りをターゲットにするという点が同じだっただけ。

「I Care a Lot」の監督を務めたのはイギリスの映画監督であり、脚本家でもあるJ・ブレイクソン。

主演は、私の中では「ゴーン・ガール(GONE GIRL)」での演技が印象的だった、イギリス俳優のロザムンド・パイク。

あのゲーム・オブ・スローンズで、メインキャストのティリオンを演じたアメリカの俳優ピーター・ディンクレイジも出演されています。

今回はそんな映画「I Care a Lot」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、今後の映画選びのご参考までに♪

あらすじ

成年後見制度を利用して、ターゲットにした高齢者を老人ホームへと送り、彼らの財産をコントロールすることで生計を立てている詐欺師のマーラ。

ある日、独身で裕福、さらには身寄りのないジェニファーという女性に目をつけたマーラとパートナーのフランは、まだ意識のはっきりしている彼女を無理やり老人ホームに入れる。

スーツケース一つで老人ホームに放り込まれたジェニファーは、携帯電話まで取り上げられ、外出も許可されなかった。

突然、自分の身に降り掛かった出来事に戸惑い、介護の人々にも強い抵抗を示すジェニファーだったが、それに呆れたマーラは、彼女を部屋に閉じ込め監禁状態にしてしまう・・・。

公開日:2020年9月12日(カナダ)
ネット配信日:2021年2月19日(米国)
配信会社:Netflix
監督:J・ブレイクソン
脚本:J・ブレイクソン
製作総指揮:アンドレア・アジェミアン、サーシャ・グッテンスタイン
出演者:ロザムンド・パイク、ピーター・ディンクレイジ、エイザ・ゴンザレス、ダイアン・ウィースト、クリス・メッシーナ、イザイア・ウィットロック・Jr
音楽:マーク・キャナム

「I Care a Lot」英語字幕 予告編

出典:Netflix / YouTube

最後に

音楽は80年代っぽいものが流れていましたが、物語の背景はいつ頃だったのだろうと考えてしまいました。

車は2000年代以降のものが使われていたようですが。

それから、ロザムンド・パイクのパートナー役を演じた、メキシコ出身の俳優エイザ・ゴンザレスは「ベイビー・ドライバー」にも出演されていましたね。

髪の色に髪型が違うと、随分違った印象を受けるな〜と思った美しい方。

出典:Eiza(@eizagonzalez)/ Instagram

米国で、2021年3月末に公開予定の「ゴジラvsコング(Godzilla vs. Kong)」にも出演されるようで、この映画の鑑賞方法はどうであれ、必ず観ると決めている映画なのでとても楽しみ。

「I Care a Lot」はスリラー映画、ダークなコメディ映画がお好きな方におすすめの作品。

ロザムンド・パイク演じるマーラには、同じ女性と言えど共感が得られず、多少イライラしてしまう場面もありましたが、マーラの生い立ちは興味が湧きました。

なかなか面白い映画でしたよ♪

【広告】■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください