ハロウィンスイーツのレシピ☆ブラウニー+クッキーのセメタリーデザート!

Halloween Sweets ハロウィン デザート

今年のハロウィン・スイーツは、目で見てハロウィン気分が盛り上がりそうなものにしてみました♪

それと、どうせなら甘い物好きな夫が食べられそうなもので検索して、たどり着いたのがこちらのアイデアです。

土台はブラウニー、墓標はバタークッキーで作ったセメタリー(お墓)スイーツ☆

日本文化が染み付いている私は、やはりちょっと縁起が悪いかなとも思ったのですがここはアメリカ。

”郷に入っては郷に従え”ということでチャレンジいたしました!
ぜひ、今後の参考にしてくださいね♡

ハロウィン☆スイーツのレシピ

今回参考にさせていただいたサイトは二つ。

♦クッキー
Taste of Home / Halloween Party Cutout Cookies by Pamela Shank
♦ブラウニー
GENIUS KITCHEN / THE BEST EVER FUDGE BROWNIES by Tracy Graves

日本語でレシピ

なお、アメリカの1カップは240mlです。
軽量スプーンは日本と同じ分量です。

クッキー(墓標の部分)
材料(クマの顔型・約40枚ほど)

・常温に戻し柔らかくなったバター 1/2カップ(私は有塩バターを使用)

・グラニュー糖 3/4カップ

・卵Lサイズ 1個

・バニラエッセンス 小さじ1

オールパーパスフラワー 1と1/2カップ

・ベーキングパウダー 小さじ1

・塩 小さじ1/2

作り方

1.大きめのボウルに、グラニュー糖と常温に戻した柔らかいバターを入れよく混ぜ合わせたら、卵とバニラエッセンスも加えて再びよく混ぜ合わせる。

2.別のボウルにオールパーパスフラワー、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜる。

3.1に2を投入して粉っぽさがなくなるまでサックリと混ぜ合わせたら、ラップで生地を包み1時間以上冷蔵庫で休ませる。

4.オーブンは175℃(350F)にあたためておく。

5.生地を十分に休ませたら型抜きして、あたためていたオーブンで8分〜10分ほど焼けば完成です!

オーブンにはクセがあるので焼き時間は調整してくださいね。

-ワンポイント-
クッキーはハードクッキーではなく、「カントリーマアム」風の柔らかめのクッキーに仕上がります。

私は手持ちのクマ?の顔型を使い、逆さまにしてブラウニーに立てましたが、スクエアでも何でも、クッキー型をお持ちの方は工夫して使用してみてくださいね♪

ブラウニー(土台の部分)
材料(約8個分)

・バターorマーガリン 1/2カップ(私は有塩バターを使用)

・グラニュー糖 1カップ

・卵 2個(Lサイズの卵を使用)

・バニラエッセンス 小さじ1

・小麦粉 1/2カップ(オールパーパスフラワーを使用)

・ココアパウダー 1/3カップ(無糖のものを使用)

・塩 小さじ1/4

・ベーキングパウダー 小さじ1/4

・チョコレートチップ〈オプション〉 1/2カップ(未使用)

・クルミorピカンナッツ〈オプション〉 1/2カップ(未使用)

※オプションのチョコチップやクルミ、ピカンナッツは加えませんでしたが、夫のリクエストで「干しぶどう」を1/2カップほど入れました。

作り方

1.オーブンを175℃(350F)にあたためておく。

2.バターまたはマーガリンを常温に戻しておくか、レンジで温め液体状にしても◎

3.2の溶けたバターまたはマーガリンを大きめのボウルに入れグラニュー糖、卵、バニラエッセンスも入れてよく混ぜ合わせる。

4.別のボウルに小麦粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜ合わせる。

5.3に4を投入して、粉っぽさがなくなるまでサックリと混ぜる。
※オプションの物も、ここで入れて混ぜ合わせてください。

6.型にはクッキングシートを敷くか、バターやマーガリンを塗って5の生地を投入し25分〜30分オーブンで焼きます。
オーブンにはそれぞれのクセがありますので、焼き時間は調節してください。

7.竹串などでさし、生地がくっついてこなければ完成!
ラックに置いてしばらく冷ましましょう。

-ワンポイント-
「型」ですが、こちらのレシピに特に記載がなかったため、私は9インチ(約23cm)×9インチの正方形のものを使用しました。
すると、約7cm×7cmほどの大きさのブラウニーが9個できましたよ。

土に見立てたもの
材料

・バター 大さじ3〜5ほど

・粉砂糖 1カップ

・ココアパウダー(無糖) 大さじ3〜5ほど

作り方

バターはレンジであたため、そこに粉砂糖とココアパウダーを混ぜ合わせれば完成です!

これ、実はチョコレートのフロスティングを作ろうとして偶然に出来た代物なんです。
フロスティングより土っぽくて良いかなぁと思い。

ですから、分量が適当で申し訳ないのですが、味見をしながらご自身の好みの甘さに合わせて作る事をおすすめします♪

作りすぎて余ってしまったら、トーストにのせて焼いたりパンケーキなどのトッピングにしても美味しいですよ♡

その他に使用したもの

・Brach’s Mellowcreme Autumn Mix Candy(ブロックス メロウクリーム オータム ミックス キャンディ)

このキャンディは、ハロウィンシーズンになるとよく目にとまります。
日本のサイトで検索してみましたが、販売しているところは見つけられませんでした。

味やテクスチュアが日本人好みではないのかもね・・・。
ジェリービーンズなどで代用するのが良いかもしれません。
画像はAmazon USAより。

・フードペン

私はアメリカのスーパーで購入しましたので、同じものではありませんが市販のフードペン(黒)を使用して、クッキーに縁取りしたり文字を書いたりしました。

フードペンの画像は楽天から。

最後に

イベントが絡んだ楽しいスイーツは、盛り付けている時が一番ワクワクします。

やはり夫に最初に食べさせたのですが美味しかったとの事。
まぁ、テンションも妙に上がり、鼻歌交じりに妻が作ったスイーツを不味いとは言えませんよね!?

私には”土”の部分が甘すぎましたが、ブラウニーとクッキーは美味しかった♡
ハロウィンの盛り付けはイベント用としても、単品でも十分楽しめるスイーツです。

ブラウニーは甘めだったので、グラニュー糖の量を調節してもいいかも。
お供はブラックコーヒーでね。

ぜひぜひ、お試しください♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください