失敗した話とか「ブルーベリークランブルケーキ」のレシピ

purple blueberries

-Photo by Mikhail Nilov from Pexels

世界の各地より私のブログにたどり着いてくれた皆さま、暑中お見舞申し上げます♪

7月後半をいかがお過ごしですか?

前回スケボーの”公式ユニフォームが可愛い”とブログにしましたが、日本が金メダルを獲得していました。

すごい!

西矢椛さんと堀米雄斗さん、おめでとうございます!

そして、西矢椛さんは日本で最年少の金メダリスト。

今後の活躍が期待されますね。

出典:The New York Times(@nytimes)/ Twitter

出典:Tokyo 2020(@Tokyo2020jp)/ Twitter

失敗した話×

そんな事ですが、今日は義理ママにリス写真を送ってしまって大失敗×

義理ママは私の撮った写真が好きだと言ってくれて、もっと送ってねと言っていたので早速本日送ったら、夫から「あ。ママはうさぎとかリスは好きじゃないから」と送信後に言われてしまい……

そういえば、それ、言われた気がしないでもない。

そういえば、San Diego住みの友人からも、リスは駆除するほど増えすぎていると聞いたことあったな。。。


こちらでリスは可愛い顔したネズミと言われており、狂犬病なども持っていると言われているから「害獣」扱いの動物ではあるんですよね。

ですから、私は大して近づかないし、餌付けなどもしません。

遠くから見ている分にはちょっととぼけているし、可愛いんですよね。

夫にいろんなアレルギーがあり、我が家には動物がいないので、余計に外で生き物を見ると反応してしまうのかもしれない。

義理ママにもアレルギーはあるのですがここ最近、犬と暮らし始め大丈夫そうなので、夫もそのうちいけるかもしれないとは思っているのですが。

それから。

「ブルーベリー・クランブル・ケーキ」クリチ入り

週末は気が向いたので「ブルーベリー・クランブル・ケーキ」クリチ入りを焼きました。

今回のスイーツは日本のレシピを参考にして。

ブルーベリーとクリームチーズのクランブルケーキ by えびちゃん / cottaコッタ【公式】

が、しかし、容器のサイズも違うと思うし日本の上品な甘さのスイーツでは、夫が満足しないと思い分量を適当に増やし、ズボラな私は省いたもの材料を変えたものも多数。

例えば

・薄力粉ではなくAll-purpose Flourを使用
・生地のバターはUS計量カップの1/2cup、All-purpose Flourもそれと同じ分量で
・ブルーベリージャムは100gではなく作った全てを生地に投入
・クランブルの材料にアーモンドパウダー加えず、All-purpose Flourを2倍ほどの分量で、砂糖にはブラウンシュガー使用(こちらのレシピではアーモンドパウダー入れないものが多い)
・後乗せしたクリチとブルーベリーは量らず適当な分量で


こんなに変えても、アメリカのスイーツより甘みは少なく、美味しいケーキに仕上がったので満足♪

始めのブルーベリージャム作りが面倒と思ったのですが、これがあったから爽やかな甘さに仕上がったのかなと。

夫も喜んで食べたのでもうありません。

アッと言うでした……

最後に

日本の天気予報を見ると”熱中症警戒アラート”が出ている地域もあるようです。

各国から日本を訪れ、競技に参加しなければならない選手の皆さまにはやはり不利な条件。

五輪の放映権を持つアメリカ、NBCテレビのCEOも悪代官のような人みたいだし。

何のための五輪?と思わざるを得ない。

酷暑の折、どなた様も夏バテなどなさいませんように。

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください