山田詠美さん原作のドラマ「賢者の愛」を見る

ソテツ 植物

2016年8月に、日本のWOWOWで放送された連続ドラマ「賢者の愛」を見ました。

主演は、今では女優として大活躍されている中山美穂さん。

それから、高岡早紀さんも親友役で出演されていて、好きな女優さんが二人も揃ったドラマなんてテンションが上がりました。

ドラマのキャッチコピーは、”あなたを調教するのが、わたしの復讐”。

なかなか、ドロドロ感ただよう怪しげな感じが伝わってきます。
なおかつ、山田詠美さんの作品だったという事にとても興味をそそられました。

山田詠美さんは、私が高校時代から愛読していたお気に入りの小説家。

ファッション雑誌、オリーブに連載されていた「放課後の音符」から「ベッドタイムアイズ」「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」に「120%coool」。

お気に入りの小説を上げていけば、きりがありません。

10代の頃に、友人たちと勝手に”エイミちゃん”との愛称をつけ、新刊が出れば必ず読み、皆でそれについてあれこれと話したものでした。

今回は、そんな山田詠美さん原作の「賢者の愛」について少しだけご紹介します。

あらすじ

文芸誌の敏腕編集者である高中真由子は、高級ホテルで若い男性と密会を重ねている。

真由子は、何不自由のない裕福な家庭に育った。
中学の頃、隣に引っ越してきた澤村百合と出会い、天真爛漫な彼女に振り回されることになる。

百合はお嬢様育ちの真由子に憧れを抱いていて、いつでも真由子の好きなものを欲しがった。

真由子は、小説家志望である澤村諒一に恋をしていました。
諒一は、真由子の父親に書くことの才能を見出され、高中家に居候をしている青年。

百合は、そんな諒一を誘惑し妊娠をきっかけに真由子から奪い、結婚までしてしまいます。

少女の頃から、百合のわがままぶりに振り回されてきた真由子。
百合に頼まれ、二人の子供の名付け親になったその日から、彼女の”復讐劇”は幕を開ける。

放送:2016年8月〜全4話
放送局:WOWOW
原作:山田詠美「賢者の愛」
脚本:Sawa
監督:源孝志
出演者:中山美穂、高岡早紀、竜星涼、田辺誠一

「賢者の愛」予告編

「連続ドラマW 賢者の愛」30秒映像 / シネマトゥデイ

最後に

この物語は、谷崎潤一郎の「痴人の愛」をモチーフに描かれた小説なのだそう。
ドラマの中で主人公の真由子も読んでおり、何度もその小説について触れています。

「痴人の愛」で谷崎潤一郎が見出し、一人の女性として育ててゆく娘の名を取り、”ナオミ”と名付けられた百合と諒一の子供は、真由子を女性として愛してゆくのですが、中山美穂さんのような素敵な女性だったら、年齢など関係なく男性は惹かれてゆくのではないかと思いました。

彼女が演じる真由子と言う女性には、山田詠美さんの描く独特な女性像が映し出されていて山田詠美ファンとしては、なつかしさも覚えるドラマでした。

そして、女性の持つ嫌悪感や妬み、嫉妬の感情がクールな空気感で演出されているオトナのドラマです。

ゾクゾクするようなミステリー感やスリルも味わえるので、ゆったりとした夏の休日におすすめ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください