秋だから「ちゃんぽん」とかセンチメンタルな気持ちとか

Autumn Leaves Fall

-Photo by photos_by_ginny from Pexels

昨夜はなぜか突然、リンガーハットの長崎ちゃんぽんが食べたくなりました。

私はラッキーな事に、近くに”ちゃんぽん”なら食べられるレストランがあるのですが、コロナ禍の中レストラン内で食事はしたくなくて、でもつゆ系麺類の持ち帰りには少々抵抗がある。

そして、これを言ってしまうと身も蓋もないけれど、リンガーハットのちゃんぽんではないし。

私は九州出身なので、子供の頃からリンガーハットのちゃんぽんを食べていて。

渋谷駅の南口の辺りでリンガーハットを見かけた時は驚きました。

10代の頃、ちゃりんこで通っていたリンガーハットがこんな大都会にもあるなんて、と。

”長崎ちゃんぽん”と謳っているから、勝手に九州だけの店舗展開だと思っていたんです。

ほら、あの”ジョイフル”だってついこの間までは九州だけの展開でしたからね。

”ジョイフル”は逆に「え!?九州にしかないの?」と驚いたものですが。

話はあちこちに飛びます。

リンガーハットはしかし、家族と一緒に言ったことは一度もなかったと思う。

fuffy家(夫は除く)の人たちは、麺類といえば、うどんにしか興味がなかったんじゃないかな。

私もラーメンよりはうどん派の人。

誰の誘いで行くようになったかというと、今は亡き幼なじみですね。

本日はノスタルジックにまた、幼なじみのお話。

彼女が少女の頃は子鹿みたいに可愛くて、スイートピーの花のように可憐でしたけど、食に関してだけは誰よりも貪欲な人で。

新しいお店がオープンすれば必ずチェックするし、その時の気分で、何かが食べたくなったら必ず誰かを誘って食べに行くという。

まぁ、私もティーンネイジャーの頃は食欲旺盛で似たようなものでしたけど、彼女はいくら食べても全く太らない恐るべし体質の持ち主でしたから、胃袋とお金は彼女といるといくらあっても足りない感じで。

お互いの実家が徒歩30秒くらいの場所にあった私たちでしたが、高校2年になるまでは、同じクラスになったことが一度もなく。

2年から3年に上がる時はクラス替えがなかったので、高校生活2年間それはもうビッチリずっと一緒にいる生活を送っていて。

それまでにお互いに出来ていた友人が、それぞれにいましたから、一緒じゃなかった時間はせいぜい、学校の行き帰りくらい?

といっても、家に帰れば彼女は家着に着替え、しょっちゅう我が家へ遊びに来ていたのですが。

そんな事をしているうちに、それぞれの友人たちとも仲良くなり、1つのグループのようになってゆき。

学校の帰り道、特に週末その日に、幼なじみをはじめとする”食”の気分が合う友人らと、喫茶店や甘味処、ファストフード店によるのが日課でした。

ほんとにあの頃は、よく食べた。

運動系の部活をしていたわけでもないのに。

それで、そんな私たちの胃袋を幸せで満たしてくれる食べ物の1つに、リンガーハットのちゃんぽんがありました。

ちゃんぽんは必ず、彼女から誘われていた気がする。

ですが、私が注文するのは必ずといっていいほど実は皿うどん。

皿うどんに、お酢とリンガーハットにあるウスターソースのようなソースを、お酢多めでかけて食べるのが好きでした。

母親か父親と行った、中華料理レストランで皿うどんを食べてから好きになった気がしています。

いつも皿うどんばかり食べる私に幼なじみは、必ず「私のちゃんぽん食べてみて!」それから「ちょっとちょうだい!」という。

彼女の「ちょっとちょうだい!」は決り文句で、友人が別の物を食べていると絶対いうセリフでした。

私は出来てない一人っ子なので、人と食べ物をシェアするのは嫌。

でも、彼女も一人っ子だったのでね、育ちは。

私も彼女も、ご両親が家にいて、お母さんが専業主婦でっていう一般的にいわれる”普通の家庭”とは違う家族構成で、育った環境も似ていたため余計に彼女との出会いは運命だったと、思い込んでいるところがあります。

それで、食べ物を人とシェアして食べるという習慣は、彼女といたから身についたのかもしれません。

何年か前に里帰りした時、やたらとリンガーハットのちゃんぽんが食べたくなり、友人を誘って、幼なじみと行っていた店舗とは違うリンガーハットへ初めて行きました。

その日は珍しくちゃんぽんを注文。

昔とは随分メニューも違い、ヘルシー志向寄りになっていたけれど、ちゃんぽんは相変わらず美味しかった♪

考えてみれば、最後にリンガーハットで食べたちゃんぽんは、今ごろの時期でした。

秋は、やっぱりセンチメンタルな気持ちに人はなるものなんですね。

去年は9月でしたけど、やはりセンチメンタルなブログをアップしていました。

医学的に「秋」は、気温差が激しくなる季節なので心身のバランスを崩しやすく、物悲しい気持ちになったりするのだとか。

そう言われると、誰にでも起こり得る単なる自然現象的なものなんだ?と納得してしまいますね。

しかし、ちゃんぽんは食べたい。

アジア系スーパーの冷凍コーナーに、インスタントのちゃんぽんならあったかも。

週末は探しに行ってみよう♪

秋は一年中で何もかもが豊かな季節。

皆さまにとって、実り多き秋でありますように♡

【広告】■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください