「ボルドー色セーター」にちなんだ私の黒歴史【後半】

instruments

-Photo by Snapwire from Pexels

「ボルドー色セーター」にちなんだ私の黒歴史【前半】

クリスマスは、冬休みの始まりと重なり休みだったので、イブは友人宅のクリスマスパーティに行く事になっていて。

その前に男の子に会ってプレゼントを渡す予定。

プレゼントの中身は、ボルドー色の手編みのセーターとMen’s BIGIのロンT、それとカードも入れていたと思う。

その子は私が呼び出し、待ち合わせた場所にチャリで登場。

一頻り楽しく話をしたあと、これからどこか出かけるの?と聞かれたので、○○ちゃんの家のクリスマスパーティに行くよと言ったら雲行きが怪しくなった。

それから先は頭がカーッとなり過ぎてよく覚えていないのですが、売り言葉に買い言葉で結構激しい口喧嘩になり。

私が「そんなんなら私からのプレゼントなんていらないよね、捨てれば?!」と言ったら、彼は本当にそこにあったゴミ箱へプレゼントを捨ててくれました。

若い頃は無謀で、お互いを痛めつけ、とても傷つけ合う口喧嘩を平気でしていた。

私は当時からひねくれ者で、わがままで気が強く。


それは何度も彼にも言われたこと。

今なら2人とも可愛過ぎてハグしてあげたい気持ちにもなるけれど。

それでその時は、お互い物凄く腹を立てたまま、私はまず一緒にパーティへ出かける親友のもとへ、ゴイゴイとチャリをこいで行き。

もちろん事の成り行きを全て話し。

すると親友は、あんなに一生懸命編んで仕上げたんだからもったいないから、私が話してみるからと、落ち着いた口調で言って彼に電話をかけてくれた。

本当に捨てたのかと聞き、悪いけど取りに戻ってくれる?と。

あの頃の親友の、10代にしては落ち着いた身なりや口調は、彼女の事を知る人なら少々怖いものがあったのではないかなとも思うのですが、彼は電話を切った後、友達に原チャリを借り取りに戻ってくれたらしい。

が、ゴミ箱にプレゼントの姿は既になかったとの事でした。

まぁ、いかにもクリスマスプレゼントと思われそうな梱包だったから、高価な代物が入っていると勘違いされ、拾われていったに違いないのですが。

だって、ゴミ箱の中だもの。

私の短気な性格は、その後も完治する事はありませんでしたが、手編みのセーターなど編むものではないという私なりの教訓にはなった。

その後、私たちは仲直りして再び楽しい”お友達”付き合いをしていたわけですが、彼が私にそばに居て欲しい時、私がとんでもなく臆病で、私が覚悟を決めた時は「時すでに遅し」で。

私は精一杯、大人のフリしていたけれど私も彼も子供過ぎた。

実際子供だったし。

それでもキッチリとした答えが欲しかった私は、改めて告白をして案の定バッサリと振られ、彼の生活範囲から跡形もなく姿を消した。

ま、しかし、狭い地元に住んでいたわけでお互いの噂は互いの耳にしばらく入っていて。

全ての事柄が彼に向いていたその頃の私は、人生終わったと思い悲しくて、可笑しいほど何も身に入らなくなり、しばらく亡霊のように暮らしていたけれど、もともと好きだったファッションや、夜遊びに集中するようになったら見ていた景色はガラリと変わった。

世の中に楽しい事はたくさんあって、周りの友人たちは皆やさしい。

大人になり理性的に物事を考えれば、私の中の基礎に、何にも収まりたくない願望のような部分があったから、もしどうにかなっていても所詮、あの子とは上手く行かない運命だったと思う。

そんな彼と私の進む方向がアメリカに定まっていた時、親友のいたずらで、何年かの時間を経て再会した。

私もですが、少年は少し大人になっていた。

そして、あんな風になっていつも身近にいた私が突然、彼の生活範囲から居なくなり寂しく思った事、あの時は自分も子供だったなど言われて、あの時の私の気持はもうないよね?と聞かれた。

なかったな〜。

全然。

全く。

これっぽちも。

あの頃は、とても好きすぎていろいろ駄目な私でしたが、再会した時そんな気持ちが私の中に微塵も残っていなかった事に、自分自身が安心するくらい。

若かりし頃は、「チャンスの女神は前髪しかないからチャンスが来たと思った瞬間、すぐ前髪を引っ張らないとそのチャンスは逃げてしまう」説を信じていましたが、縁があれば割とチャンスは何度も巡ってくるものだと思う。

見逃していたように思われた”チャンス”は、ただ自分が選んでいないだけですよ。

きっと。

このお話は、私のこれまでの人生の中の黒歴史になっているわけですが、絶対に経験しておいてよかったと思う出来事。

私も幸せだから、あの頃の少年も暖かな家庭を築き、幸せに暮らしている事でしょう♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください