美容にもいいの!?韓国料理にマッチする美味しい「マッコリ」♪

マッコリ 막걸리

世界各国に美味しい料理があって、その料理に合うお酒を、しっぽりといただけるのがうれしい今日この頃。

若い頃は、「飲む時は飲むのみ。」といった感じで、お酒を浴びるように飲んだ時期もございましたが、今はそんな飲み方はいたしません。

しようと思っても、体が受け付けません。

最近の日本では、ビールよりも酎ハイが人気なんだとか。
日本の製品は、”缶”のデザインだけをとって見てもフレッシュで美味しそうです。

しかし、多分、缶チューハイって私きっと、飲んだことがないと思うんですよ。

私は、地元が本格焼酎の産地だからなのか、二十歳の頃から焼酎をカクテル風に飲む感覚がないんですよね。

お酒も割りと強くて、酔って早く周りの友人たちのように陽気になりたいのに、酔いが回るまでに、お金も時間もかかるので困りものでした。

そんな時期も時代も過ぎて、今は料理に合ったお酒をしっぽりと少量、嗜むのが楽しい。

今回は、韓国料理の”デジプルゴギ(豚肉のプルゴギ)”とマッコリの組み合わせ。

コチュジャンのきいたスパイシーなデジプルゴギに、サラリと甘いマッコリが絶妙な相性で美味でした。

マッコリってどんなお酒?

マッコリ(막걸리)は、韓国生まれのお酒で日本の”どぶろく”にも似ています。

お米やさつまいも、とうもろこしやどんぐりから造られていて、アルコール度数は6%〜8%。

どぶろくと違い、乳酸菌飲料のような少しの酸味と炭酸が含まれているのが特徴。
ちなみに、私はどぶろくは苦手ですが、マッコリはいけます。

加熱処理をされていない、”生マッコリ”は、生きたままの乳酸菌が発酵し続けていくため、劣化が早く長期保存はできないのだとか。

という事は、マッコリを造る酒蔵が住んでいる地域になければ、”生マッコリ”はいただけないと言うことなんですね!?

それとも、韓国で飲むか。
私はまだ韓国へ行ったことがありません。

お友達もいることだし、いつかは遊びに行き、”生マッコリ”と本場の韓国料理を満喫したいものです。

マッコリはお酒ですが、ビタミンやミネラル、乳酸菌など美容にまつわる成分を豊富に含んでいるので、肌荒れや便秘を解消してくれるそうなんです。

アメリカでは、「Makgeolli」や「Korean Rice Wine」と呼ばれ、韓国のスーパーなどで購入できますよ。

最後に

爽やかな甘さがクセになる、口当たりの良いマッコリに合う料理は、やはりスパイシーな韓国料理♪

今回の我が家は肉系でしたが、辛味の強いイカやタコ炒め、チヂミなどにもよくマッチします。

マッコリは、低アルコール飲料の中に入るようです。
しかし、あくまでもお酒なので飲み過ぎには注意が必要。

飲み方や飲み過ぎには注意して、美容と健康の味方につけたいですね♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください