Valerian and the City of a Thousand Planets「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(2017)

Blue Nature

Photo by Engin Akyurt from Pexels

日本でも有名なフランスの映画監督、リュック・ベッソンの最新作を観て参りました。

年代なのかもしれませんが、リュック・ベッソンと言えば1980〜90年代にヒットした、「グラン・ブルー」や「レオン」が印象深く残っています。

しかしながら、私のお気に入りはブルース・ウィリスとミラ・ジョボビッチが出演したSF・コメディ映画の「フィフス・エレメント」。

監督、脚本、プロデュースまで務めてしまうリュック・ベッソンの映画は、いつも斬新でスタイリッシュなんですよね。

こちらの「フィフス・エレメント」では当時、大人気だったフランスのデザイナー”ジャンポール・ゴルチエ”が、衣装を手掛けた事でも一躍有名になりました。

女性を、主人公にした映画をよく描く事でも知られているリュック・ベッソン。

今回の「Valerian and the City of a Thousand Planets」でヒロインを演じているのは、イギリス出身、モデルで女優のカーラ・デルヴィーニュ。

モデルだけでなく女優としても活躍し、世界中から人気を集めるカーラ。
そんなカーラも出演する、リュック・ベッソンのSF最新作映画を少しだけご紹介します。

あらすじ

時は28世紀。

大規模な宇宙ステーション”アルファ”では、さまざまな惑星の宇宙人たちが平和に暮らしていた。

ある日、ビーチで特別な力を持つパールを収穫しながら、平和に暮らしていた住人たちの惑星に宇宙船が墜落。

住人たちは避難を試みますが、その一族の王女の娘は逃げ遅れ亡くなってしまう。

主人公のヴァレリアンとローレルは、人間社会のエージェント。

ヴァレリアンはビーチリゾートの世界で寛いでいたが、その惑星が滅ぼされるのと同時に、何かのエナジーに押し出されるように目を覚ます。

その後、二人は”コンバーター”と呼ばれる珍しい動物を、ブラックマーケットから回収するよう命じられる。

仲間たちと合流し、次元を移動できるマシーンを使ってブラックマーケットへ潜入したヴァレリアンは、そこで行われていた取り引きを中断させ、コンバーターを手に入れる。

その際に、取り引きに使われようとしていた、不思議な力を持つパールを盗む。

無事にコンバーターを手に入れたのはいいが、取り引きの邪魔された事に腹を立てたブラックマーケットのボスは、彼らの元へモンスターを放つ。

仲間の運転するバスで、必死に逃げようとする二人だが・・・。

公開日:2018年(日本)
監督:リュック・ベッソン
原作:ピエール・クリスタン、ジャン=クロード・メジエールのフランスコミック「ヴァレリアンとローレル」
出演者:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」日本版 予告編

疾走感半端ない!リュック・ベッソン最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』本予告 / シネマトゥデイ

最後に

この映画の原作、フランスコミックの「ヴァレリアンとローレル」は、アメリカ映画の超大作スター・ウォーズにも影響を与えていると言われています。

それと、私はあまり3Dシアターのファンではないのですが、この映画は3Dで観て良かったと思えた映画でした。

映像がとても美しく神秘的で素敵でしたよ♡
出演者のリアーナとイーサン・ホークも良かった。

IMDb(インターネット・ムービー・データベース)のトレビアによれば、この映画の最終製作予算は、1億1747万ユーロで日本円にすると約2.3億円と、フランスでも最も高価な映画になったのだとか。

日本でも早く公開の日取りが決まるといいですね。

リュック・ベッソンの斬新なファンタジーの世界、夢物語のようなSF映画をぜひ、ご家族やカップルでお楽しみください♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください