中近東料理についてのお話、フムス以外の美味しいディップソースなど♡

中近東料理 ケバブ タボーレ ムハンマラ

皆さまは、中近東料理はお好きですか?

私は、以前トルコ料理やレバノンの料理を食べて美味しいと思ったので、割りと好きな方です。

一口に「中近東」といっても、いろんな国があり料理の幅は広いのでしょうが、今回私が食べたのは、お肉をローストさせた”ドネルケバブ”をメインに、サラダが選べるワンプレートメニュー。

中近東の主食は、ピタやインド米と言われるお米で、ギリシャ料理とも似ています。

今回は、そんな中近東料理についてチラリとご紹介します。

「中近東料理」ってどんな食べ物があるの?

ドネルケバブ(Doner kebab)

回転させてお肉をローストすることをトルコ語で「ドネルケバブ」と言います。
それが、そのまま料理の名前になっているんですね。
お肉の種類は、マトンやラム、子牛や牛肉が使われます。

このドネルケバブをピタに挟んで食べるサンドイッチのことを、「シャワルマ(Shwarma)」というそうです。

私が今回チョイスしたお肉はビーフ。
トップの写真がそうです。

ピタ(Pita)

中が空洞になっているケバブ用のサンドイッチパン。
小麦粉、水、砂糖、塩、イーストなどで出来ています。
ピタは、日本のパン屋さんでも見かけますよね。

ピタのレシピを検索すると、自宅でも簡単に作れそうなものがいくつか見つかりますが、まだ試したことはないんですよね。

そのうちに、挑戦したいと思います。

タボーレ(Tabouli)

パセリ、ミント、トマト、キュウリなどの野菜とブルグルをライムジュースとオリーブオイルで和えたサラダです。

このサラダに入っている「ブルグル(bulghur)」は、一見キヌアやクスクスのようにも見えるのですが、タンパク質を多く含む小麦の仲間。

中近東料理ではピラフ、スープ、パンなどにブルグルが使われます。

私は、このタボーレが大好きなんですよね。
爽やかな酸味がクセになる感じです。

ムハンマラ(Mouhammara)

クルミや松の実、ローストパプリカ、クミン、唐辛子などで作られたディップソースです。

日本でも有名な中近東生まれのディップソースに「フムス」がありますが、こちらのムハンマラは、フムスよりスパイスの効いたケバブ用のソースになります。

キュウリとヨーグルトのディップソース

ギリシャ料理にも使われるヨーグルトソースに似ています。

私からすると、同じ味のような気もするのですが、レシピを検索してみると、ギリシャ料理のヨーグルトソースには、ミントやクミンが入っていないものがいくつかありました。

同じようなソースですが、国や地域によって入れるハーブやスパイスが違ってくるのでしょうかね。

最後に

今回は、私と旦那が食べた中近東料理をチラリとご紹介いたしました。

写真をよく見るとプレートには、アメリカンなイメージのピクルスがのっているのが少し気になりますよね。

しかし、レストランで働く人々は中近東の方ばかり。

まさかのアメリカン×ミドルイーストのフュージョン料理ではなかったと思うのですが、本場の味はわからないので何とも言えないところです。

中近東を代表するデザート、「バクラヴァ」も魅力的だったのですが今回はやめておきました。

私のお気に入りはピスタチオ入りのバクラヴァ。

そのうちに、またご紹介したいと思います♡
まだ中近東料理を食べたことがないけど、興味の湧いた方はぜひお試しくださいね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください