Concrete Cowboy「コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は」(2020)

horses 馬

-Photo by Jean Alves from Pexels

米国のNetflixよりイドリス・エルバ主演「Concrete Cowboy」邦題、「コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は」を観ました。

この作品は、アメリカの小説家グレッグ・ネリーの「Ghetto Cowboy」が映画化されたもの。

そして、「Ghetto Cowboy」は実際にフィラデルフィアの都市に住む、アフリカン・アメリカン・カウボーイの生活にインスパイアされ書かれた小説なのだそう。

監督を務めたのは映画監督でライターのリッキー・スタウブ。

「Concrete Cowboy」映画の制作を機に、フィラデルフィアの都市に住むアフリカン・アメリカン・カウボーイたちの生活や遺産、文化を保護するPhiladelphia Urban Riding Academy(PURA)を設立されています。

Philadelphia Urban Riding Academy(フィラデルフィア・アーバン・ライディング・アカデミー)

そして、イドリス・エルバの息子役を演じたのが人気TVドラマ、ストレンジャーシングスでルーカス役を演じた、ケイレブ・マクラフリン。

子供からすっかり少年になっていて、成長度合いに驚きました☆

今回はそんな、ドラマ映画「コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、今後の映画選びのご参考までに♪

あらすじ

母親と2人でデトロイトに暮らす15歳のコールは、とうとう学校を退学になってしまった。

なかなか更生してくれないコールに母親は、どうしたらよいかわからなくなり、彼をフィラデルフィアに住む父親の元へ連れて行く。

父親のハープは留守のようだったが、母親はコールを車から下ろすと車を発進させ、置いていかないでと懇願するコールに構わず居なくなってしまった。

途方に暮れていると、隣に住んでいるネッシーがコールに気づき声をかけ、ハープなら厩舎にいると教えてくれたのだった。

公開日:2021年4月2日(米国)
監督:リッキー・スタウブ
原作:グレッグ・ネリー「Ghetto Cowboy」
脚本:リッキー・スタウブ、ダン・ワルサー
製作:リー・ダニエルズ、イドリス・エルバ
出演者:イドリス・エルバ、ケイレブ・マクラフリン、ロレイン・トゥーサン、ジャレル・ジェローム、イヴァンナ-メルセデス、他
音楽:ケビン・マトリー

「コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は」日本版 予告編

出典:Netflix Japan / YouTube

最後に

ところどころに、美しい風景が盛り込まれていた映画でした。

監督のリッキー・スタウブもそんな風景に魅せられたり、彼らの文化や遺産を大切にいつまでも残し続けたいと願う、アフリカン・アメリカン・カウボーイたちの思いを汲み取りPURAを設立したんだろうな。

私、基本”カウボーイ映画”は苦手なのですが、イドリス・エルバとケイレブ・マクラフリンが出演するとあらば、やはり観ないと駄目だなと思い観ました。

私が苦手とする”カウボーイ映画”は、砂埃にまみれ回転式の銃でバンバーンと撃ち合い、入り口のドアがパカパカするバーでウイスキーを飲んで喧嘩になる感じのものですが、こちらの映画は全く違うものでした。

まぁ、予告編を見れば多少の察しはつきますが。

完璧な偏見かと思いますが、カウボーイハットに先の尖ったブーツスタイルもなんか苦手で。

が、しかし、イドリス・エルバとケイレブ・マクラフリンは最高でした♡

イドリス・エルバは製作にも携わっていたよう。

それから、「When They See Us」邦題「ボクらを見る目」でコーリー役を演じたジャレル・ジェロームも出演しているのですが、彼もまた成長しすっかり青年になっていた。

ウータン・クランのメンバー、メソッド・マンが警官役を勤めていたのもよかったな。

興味を持たれた方はぜひ!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください