Stranger Things「ストレンジャー・シングス」(2016)

ライト サボテン

「Stranger Things」の日本のタイトルは、”ストレンジャー・シングス 未知の世界”。

2016年7月にアメリカのNetflix(ネットフリックス)より配信された、ミステリーでホラーなSFドラマです。

アメリカと日本、同時に2017年10月27日にシーズン2が配信されるとの事で、心待ちにしております。

「ストレンジャー・シングス」は、双子のマットとロスのダファー・ブラザーズにより制作されました。

ダファー・ブラザーズの作品は、スティーブン・スピルバーグ、ジョン・カーペンター、スティーブン・キング、ジョージ・ルーカスにインスパイアされているそう。

映画の評論家によるレビューをまとめたWEBサイト、”Rotten Tomatoes”からも高い評価を得ている「ストレンジャー・シングス」。

このドラマの設定は、1980年代のインディアナ。

出演されている、ウィノナ・ライダーといい、オドロオドロしいアメリカの田舎の雰囲気といい、主人公の少年たちといい、80年代のハリウッド映画を思わせる感じにも魅了されるドラマです。

今回は、そんな「ストレンジャー・シングス」について少しだけご紹介します。

あらすじ

1983年11月6日、インディアナ州のホーキンズにあるエネルギー国立研究所で、一人の科学者が何者かに襲われる。

12歳の少年ウィルは、すっかり日も暮れた友人宅からの暗い帰り道、自転車を走らせていると、奇妙な生き物に遭遇し転んでしまう。

森の中に自転車を置き去りにして、走って家に戻り母親を探すがまだ帰宅しておらず、何者かはウィルを追っていて、小屋まで逃げるがそこでウィルの姿は消えた。

翌日、ウィルが帰宅していないと思った母親のジョイスは、警察署へ行き署長であるジムに息子の行方を探してくれるよう申し出る。

ウィルの兄、ジョナサンと母親はウィルがよく遊んでいた森の中を必死に探す。

そんな中、坊主頭の女の子が地元の食堂で食べ物を盗もうとして、レストランのオーナーに捕まる。

病衣を身にまとった少女の腕には、”Eleven”のタトゥーがありその様子に同情した店のオーナーは、食べ物を与えソーシャルワーカーに電話をした。

言葉を発しない少女は、不思議な能力を持っている。

学校に警察が事情聴取に来て、ウィルの親友マイク、ダスティン、ルーカスは、ウィルが行方不明になった事を真剣に受け止め、自分たちの力でウィルを見つけ出そうと調査を始めるが・・・。

配信日:2016年7月15日
放送局:Netflix(ネットフリックス)
製作:ダファー・ブラザーズ
エピソード:シーズン1、全8話 シーズン2は2017年10月27日より配信予定
出演者:ウィノナ・ライダー、デヴィット・ハーバー、フィン・ウォルフハルト、ミリー・ボビー・ブラウン、ガテン・マタラッツオ、ケイレブ・マクマフリン

「ストレンジャー・シングス」シーズン1 日本版 予告編

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』第1話 特別映像 – Netflix [HD] / Netflix Japan

「ストレンジャー・シングス」サウンドトラック

Stranger Things (Soundtrack from the Netflix Original Series) / Spotify

最後に

映像で80年代を感じるだけでなく、サウンドトラックにもスリリングでホラーな雰囲気の音楽が取り入れられていて、スキのないドラマです。

IMDb(インターネット・ムービー・データベース)のトレビアによると、ダファー・ブラザーズは、インタビューで日本のSFアニメ”エルフェンリート”と”AKIRA”にインスパイアされたことを認めているそう。

シーズン2の配信予定日は、ハロウィンとの事でますます盛り上がりを見せている「ストレンジャー・シングス」。

まだ、シーズン1を見ていない人や、シーズン2を見るまでにもう一度復習しておきたい方は、今のうちにぜひご覧ください♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください