Office Christmas Party「クレイジー・パーティー」(2016)

party cheers

-Photo by Caio Resende from Pexels

ホリデー期間中に「Office Christmas Party」、邦題「クレイジー・パーティ」を米国のアマゾン・プライムビデオより見ました。

この作品は、2016年12月に全米公開された映画なのですが、日本ではDVDの発売のみだったよう。

調べると日本のアマゾンからも視聴できるようです。

監督は、これまでもアメリカのコメディ映画をいくつか手掛けているジョシュ・ゴードンとウィルスペック。

ジェイソン・ベイトマンや、日本でも人気のジェニファー・アニストンそれから、こちらで人気のコメディ・バラエティ番組”サタデー・ナイト・ライブ”に出演するコメディアンたちもキャスティングされている、軽快で笑えるコメディ映画でした♪

2012年に米国で劇場公開された、「Project X(プロジェクトX)」のオフィス版といった感じ。

まぁ「Project X」は公開されたのち、学生が真似をして大惨事になっているので問題になった映画ではありますが、こちらの「Office Christmas Party」はそこまで激しくはありません。

大人の集まる”オフィス”がテーマですからね。

今回はそんな「Office Christmas Party(クレイジー・パーティー)」のあらすじを少しだけご紹介します!

あらすじ

2016年の12月、Zenotek社のシカゴ支店。

チーフテクニカルオフィサーを務めるジョシュと、支社長のクレイはクリスマスショッピングに出かける。

そこへ突然、現れたCEOでクレイの姉のキャロル。

シカゴ支店では、四半期の目標に達していないためスタッフの40%を解雇して、ボーナスを削減し、毎年オフィスで行われているクリスマスパーティーをキャンセルすることを指示する。

そんなキャロルの、脅迫とも思われるような指示を阻止して、従業員たちのために奮闘するジョシュとクレイであったが・・・。

公開日:日本劇場公開なし / 2017年4月21日(日本のDVD発売日)
監督:ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック
原案:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア、ティモシー・ダウリング
脚本:ジャスティン・マレン、ローラ・ソロン、ダン・メイザー
出演者:ジェイソン・ベイトマン、ジェニファー・アニストン、オリヴィア・マン、T・J・ミラー、ケイト・マッキノン、コートニー・B・ヴァンス、ヴァネッサ・ベイヤー、サム・リチャードソン
音楽:セオドア・シャピロ

「クレイジー・パーティー」日本語字幕Ver. 予告編

出典:Paramount (Japan)(Bluray & DVD) / YouTube

最後に

私、意外と?ジェイソン・ベイトマンが出演しているコメディ映画やTV番組は好きみたいでちょいちょい見ている気がします。

大爆笑というよりは、苦笑するというか小さく笑う場面がたくさん盛り込まれている作品が多いのかな。

日本のボケとツッコミで表現すると、ジェイソン・ベイトマンの役は必ずボケ。

少し天然っぽいというか。

休日の、時間を持て余したときなど見るのに丁度いい娯楽映画♪

コメディ映画好き、”サタデー・ナイト・ライブ”のコメディアンファンの方にもおすすめしたい映画です。

【広告】■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください