Terminator : Dark Fate「ターミネーター:ニューフェイト」(2019)

agave blue sky

-Photo by pascal claivaz from Pexels

待ち望んでいたターミネーター映画、「Terminator : Dark Fate」邦題「ターミネーター:ニューフェイト」を観に行って参りました♪

今までに公開されている「ターミネーター」シリーズは全部で5作品。

今回が6作目の作品だったわけですが、監督を務めたのはマーベル社の「デッドプール」など手掛けたティム・ミラー。

そして、「ターミネーター」と「ターミネーター2」を作り上げ、その監督を務めたジェームズ・キャメロンが再び製作に携わっているため、「ターミネーター:ニューフェイト」はこれに続く第3の物語と言われていて。

ターミネーター1と2で主人公のサラ・コナーを演じた、リンダ・ハミルトンも長い時間を経て再び出演♡

80年代からずっと「ターミネーター」ファンである、私たち世代にとっては見逃せない映画なんですよね。

私にとって「ターミネーター」と「エイリアン」は、新しい作品が上映されれば何が何でも絶対に劇場まで観に行く、80年代に公開された映画の中でも特別枠な映画です。

夫も同じく。

今回の「ターミネーター:ニューフェイト」にはあまり関係のないお話ですが、「ターミネーター」にまつわる過去記事がこちら。

そんな「ターミネーター:ニューフェイト」のあらすじを、ほんの少しだけご紹介します!

ぜひ、今後の映画選びのご参考までに♪

あらすじ

最新型ターミネーター”Rev-9”と、スーパーソルジャーであるグレースは2023年のメキシコ・シティに未来より送り出される。

父親の姿に扮して、車の組み立て工場で働くダニを探す”Rev-9”。

見つかり襲われそうになったところをグレースに助けられる。

ダニは訳もわからず、グレースに言われるがまま弟のディエゴと必死に逃げるのだが・・・。

公開日:2019年11月8日(日本)
監督:ティム・ミラー
原作:ジェームズ・キャメロン(キャラクター)、ゲイル・アン・ハード
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ、ビリー・レイ
製作:ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・エリソン
製作総指揮:エドワード・チェン、ボニー・カーティス、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー、ジョン・J・ケリー、ジュリー・リン
出演者:リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイゲス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ
音楽:ジャンキーXL

「ターミネーター:ニューフェイト」日本版 予告編

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』本予告【新たな運命編】11月8日(金)公開 /
20世紀フォックス映画公式チャンネル

「ターミネーター:ニューフェイト」サウンドトラック

Terminator Dark Fate (Official Soundtrack) – Inmersive Sounds / Spotify

最後に

「ターミネーター」シリーズを見てゆく上で西暦って大切と思い、計算して2023年に起こった物語とタイプしてみたのですが、あっているかな。

ちなみに人工知能「スカイネット」が反乱を起こした年は2029年です。

なにはともあれ、久しぶりにターミネーターに登場したサラ・コナーはやはりカッコ良かった!

シュワちゃんも無骨な役がよく似合う。

それと、アメリカで移民やメキシコとの国境問題が大きくフォーカスされている今、ヒロイン役にコロンビア出身のナタリア・レイゲス、”Rev-9”役にメキシコ系アメリカ人のガブリエル・ルナが抜擢されていたのは良かった。

日本での公開は今週末の11月8日。

「ターミネーター」ファンの方はぜひともお見逃しなく!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください