レモン・メレンゲ・パイのレシピ:フィリング編

ピンクの花 木 Tree

前回に引き続き、レモン・メレンゲ・パイの話題をお届けします。

今回は、フィリングのレシピのご紹介です。
実は私、手の込んだフィリング作りに挑戦するのはこれがはじめて。

今までは、コンデンスミルクで簡単に作れるフィリングで、レモンメレンゲパイを楽しんでおりました。

そちらのレシピは、そのうちご紹介しますね。

では、クラッシックなレモンメレンゲパイのレシピをどうぞ。

フィリング&メレンゲのレシピ

作り方を参考にしたサイトはこちら。

Classic Lemon Meringue Pie by Betty Crocker

ケーキミックスやブラウニーミックスなどでも有名な、Betty Crocker(ベティークロッカー)のレシピです。

日本語でレシピ

なお、アメリカの1カップは240mlです。
軽量スプーンは日本と同じ分量です。

フィリングの材料:9 1/2インチ(約24cm)のパイ型1個分

・卵黄 3つ分
・お好みの砂糖 1と1/2カップ
・コーンスターチ 1/3カップと大さじ1
・お水 1と1/2
・バターorマーガリン 大さじ3
・レモンピール 小さじ2(レモンの皮の黄色い部分だけをすり下ろしたもの)
・レモン汁 1/2カップ
・製菓子用フードカラー 2滴(私は使用していません)

メレンゲの材料

・卵白 3つ分
・クリームタータ 小さじ1/4
・グラニュー糖 大さじ6
・バニラエッセンス 小さじ1/2

作り方

1.クラストは、ココナッツオイルのクラストを使いました。
レシピはこちら➜レモン・メレンゲ・パイのレシピ:クラスト編

2.鍋にコーンスターチ、砂糖を入れ混ぜ合わせる。
そこへ水を少しずつ加え、加熱し過ぎないよう弱火〜中火でとろみがつくまで混ぜ、1分ほど沸騰させます。

3.2を火から下ろす。
卵黄をほぐしたボウルに、2を大さじ2杯ほど入れてよく混ぜ合わせる。
混ざったら、再び2の鍋へ卵黄の液体を戻し、よくかき混ぜながら2分ほど沸騰させる。

4.3を火から下ろし、バター、レモンピール、レモン汁を入れよく混ぜ合わせたら、パイクラストに注ぎます。

5.ボウルに卵白とクリームタータを入れ泡立てます。
卵白は常温で、グラニュー糖は少しずつ加えていく方がよく泡立ちます。

最後にバニラエッセンスを加え、ツノがたつくらいまで泡立てたら、4の上にのせていきます。

焼くとメレンゲって縮むんですよね。
これを防ぐには、できるだけメレンゲをクラストのふちに密着させながらデコレイトするのがよいそうです。

6.400F(約200℃)のオーブンで8〜10分焼いたら完成です!
オーブンごとにクセがあるので、焼き時間は調節してくださいね。

最後に

卵の大きさにもよるのか、私の場合メレンゲがかなり縮みました。
ですから、次回作では卵黄3つ、卵白4つでチャレンジしようと思っております。

ちなみに今回、使用した卵はアメリカのLサイズです。

それと、レモンメレンゲパイは、レモンの皮が重要な働きをしてくれるので、オーガニックレモンを使うことをおすすめします。

興味が湧いた方は、ぜひお試しください♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください