レモン・メレンゲ・パイのレシピ:クラスト編

レモンメレンゲパイ ココナッツオイルクラスト

日本は、そろそろ梅雨入りが近づいている頃でしょうか。

こちらはで、初夏というよりは既に夏が始まっています。

そんな中、焼き菓子はなんだか暑苦しく、冷たく冷やしても美味しくいただけるスイーツをと思いレモン・メレンゲ・パイを作ってみました。

しかし、パイクラストが小さすぎてフィリングが溢れてしまいました・・・。

それには言い訳が。

このパイクラスト、通常ならバターで作るところを、ココナッツオイルで作ってみたんですよね。

ところが、ココナッツオイルで作る生地って、ちょっともたついているとやわらかくなるのが早く、扱いづらい。

そのため、生地は伸ばしづらく小さいパイクラストになってしまいました。

もう少し生地を冷蔵庫で休ませるべきだったな。

それから、メレンゲは焼きすぎてしまいました。
本当ならもっと、うっすらとした焦げ目でよかったんですけどね。

既にやってしまったものは仕様がないので、次回のリベンジにかけます。

今回は、ココナッツオイルを使ったパイクラストのレシピをご紹介します。

パイクラスト作りにはじめてチャレンジされる方は、私のレシピではわかりにくいかもしれませんが、ご了承くださいませ。

ココナッツオイル・クラストのレシピ

今回、参考にさせていただいたサイトがこちらです。

VANILLA AND BEAN by Traci

日本語でレシピ

Traciさんのレシピを日本語で掲載してみました。
なお、アメリカの1カップは240mlです。
軽量スプーンは日本と同じ分量です。

材料:9 1/2インチ(約24cm)のパイ型1個分

・ナッツ系のミルク 1/3カップ:74g(私はアーモンドミルクを使用)
・リンゴ酢 小さじ1と 1/2
・強力粉 105g
・薄力粉 105g (こちらとは別に、打ち粉の分の粉も適量必要)
・ケーンシュガー 大さじ1(こだわりがなければ、お好みの砂糖でOK)
・塩 小さじ1
・ヴァージンココナッツオイル 1/2カップ:113g
(ある程度、固体になっているものが使いやすいです)

・パイ型にかけるスプレーオイルorオイル 適量

作り方

1.ナッツ系のミルクとリンゴ酢を混ぜ、5分ほど放置。

2.フードプロセッサーをお持ちの方は、そちらに強力粉、薄力粉、砂糖、塩を加え塊がなくならない程度、約18秒ほど軽く混ぜます。

私は、フードプロセッサーではなくボウルに入れ手で混ぜました。

ココナッツオイルが手の温度で溶けやすいため、混ざりすぎないように注意が必要です。

3.2に1を投入し約20秒ほど混ぜたら、打ち粉をしたボードに生地を取り出し、丸くひとまとめにする。

私のように、手で行った場合は練りすぎないように混ぜ合わせ、同じく生地を丸くひとまとめにしてください。

4.生地をラップで包み冷蔵庫で20分休ませます。

5.打ち粉をしたボードで生地を回転させながら、丸く伸ばしていきます。

生地が温かくなりすぎ麺棒にくっつくようであれば、再び冷蔵庫で冷やして伸ばしてください。

6.パイ型にオイルスプレーをふるかオイルを塗って、薄力粉も少々振っておく。

7.パイ型に合うくらいの大きさまで伸ばしたら、麺棒に生地を巻きつけ、パイの型にのせ形を整えます。

パイ型からはみ出たパイ生地は、カットします。

8.形を整えたら、フォークでパイ生地に穴をあけます。

9.再び、ラップでカバーをして冷蔵庫で20分以上、もしくは一晩休ませます。
この過程を怠らない事が、クラストの生地を縮みにくくします。

10.350F(180度)のオーブンで25分焼いたら完成です!
オーブンごとにクセがあるので、焼き時間は調節してください。

最後に

英語がよくわからない方も、Traciさんのサイトを一度見てみると、写真や映像が掲載されているので、イメージが湧いてくると思います。

ココナッツの香りが甘く香る、体にもやさしいクラストですよ♡

次回は、フィリングのレシピをお伝えしますね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください