ラム酒+バナナリカーで作る♪「ラムケーキ」

round cake

-Photo by olia danilevich from Pexels

「ラム酒」と時にID提示を求められる「リカーケーキ」の話

アルコールの中でもラム酒嫌いの夫がリクエストしてきた今回のスイーツは、なぜか「ラムケーキ」。

夫はほとんで家でアルコールを飲みませんが、もっぱらウイスキー、日本酒、焼酎派。

気温や湿度が高いと、ライムを絞り入れたラム・コークが飲みたくなるので、私のためのラム酒は我が家に時々買い置きがありました。

そのラムは、リカーショップでカクテル用としておすすめされた「クラーケン」のブラックスパイスラム。

47度とアルコール度数は高めですが、コカコーラや何かで割るのでね。

しかし、今回はケーキに入れたり、上からソースとしてかけたりするので、ラムの味がダイレクトに伝わる。

それに47度は少々高すぎるアルコール度数と思ったので、ケーキには昔馴染みのダークラム「マイヤーズラム」を使用しましたよ。

そんな事で今回は、「ラムケーキ」レシピのご紹介ですが、アルコール製品の扱いが日本とアメリカでは少々異なるお話を少し。

日本とアルコールの法律が異なるアメリカでは、お酒を使ったリカーケーキも時に身分証明書の提示を求められます。

それに、ほとんどのスーパーマーケットではリカーケーキの販売、ホリデーシーズン以外はされていない気がする。

ですから、ホリデーシーズンになると私はスーパーマーケットを巡りいろんな種類のリカーケーキを食べるのが楽しみでした。

しかし、今年はコロナ禍のためスーパーマーケット巡りにやる気無し。

そんな中、夫にリクエストされて作ってみた「ラムケーキ」でしたが、これがまた市販のラムケーキを上回る美味しさだった♡

リカーケーキ好きな方に、ぜひともお試しいただきたいレシピです!

「ラムケーキ」英語版 レシピ動画

出典:MyRecipes / YouTube

長さが1分53秒と簡潔でわかりやすいビデオです。

WEBサイトもありましたが、レシピの内容がビデオと少し違っていました。

私はビデオを参考にしたので、そちらのレシピでご紹介します。

日本語でレシピ

アメリカの1カップは240mlです。
軽量スプーンは日本と同じ分量です。

材料:型の大きさの表記がなかったため、私の場合:7インチのFluted cake pan(チューブパン)と7.5インチローフパンの2つ分

ケーキ生地

・室温に戻したバター 1と1/2カップ

・グラニュー糖 1と1/2カップ

・Lサイズの卵(全卵) 3個

・卵の黄身 1個

・バニラエッセンス 小さじ2

・レモンピール 大さじ2

・ダークラム 1/2カップ

・バナナリカー 1/4カップ

オールパーパスフラワー 3カップ

・ベーキングパウダー 小さじ2

・ベーキングソーダ 小さじ1/2

・塩 小さじ1/8

・ホイップクリーム 1カップ

ラムシロップ

・バター 大さじ10

・グラニュー糖 3/4カップ

・ダークラム 1/4カップ

・バナナリカー 1/4カップ

ケーキのトッピング

・粉砂糖 適量

作り方

①オーブンは350°F(約175℃)に温めておく。

②室温に戻しておいたバターとグラニュー糖を大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーでよく混ぜ合わせる。

③②に卵を1個ずつ入れながら混ぜ合わせていく。
黄身も入れ混ぜ合わせる。

④③にバニラエッセンス、レモンピール、ダークラム、バナナリカーを入れてよく混ぜ合わせる。

⑤別のボウルにオールパーパスフラワー、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を入れ混ぜる。

⑥④に⑤の粉類を投入しますが、一気に入れず小分けにして、ホイップクリームと交互に入れながら混ぜ合わせていく。

⑦よく混ざったら、オイルを塗りオールパーパスフラワーを少々振りかけた型に生地を入れ、350°F(約175℃)に温めておいたオーブンで55分〜60分焼く。

串などで刺し生地がついてこなければOK。

※オーブンにはそれぞれのクセがありますので、焼き時間は調節してください。

生地が焼き上がったら、ラムシロップを作ります。

⑧片手鍋にバターとグラニュー糖、ダークラム、バナナリカーを入れて少し沸騰させ火から下ろし10分ほど冷ます。

⑨⑦で焼き上がった生地にラムシロップが浸透しやすいよう、全体を竹串で刺した後、ラムシロップを回しがける。

⑩45分以上そのまま放置して、型から外し粉砂糖を振りかければ完成です!

rum cake
rum cake

最後に

相変わらずよく考えずに上記のレシピで作りましたが、我が家の型は7インチ。

ですから、パウンドケーキ用の型でも焼いてラムケーキは2つ出来たわけです。

レシピ映像の型は10インチくらいだったのかな。

ま、でも残りの1つは冷凍庫で保存中♪クリスマス辺りに自然解凍して更にしっかり味の馴染んだラムケーキ楽しみたいと思います。

今回ラムケーキを作る際、”型にオイルを塗り粉をふりかける”工程を忘れてしまった私×

型からケーキがなかなか取り出せずに苦労しました。

お陰でケーキの形がよくありません。

それと、アルコールの蒸発を抑えたかったのでラムシロップを作る際、バターとグラニュー糖だけ火にかけ、ラムとバナナリカーを沸騰させる事はしませんでした。

レシピには、次の日は味が馴染んで更に美味しいと書いてありましたが、当日でもとにかく、しっとりと濃厚でラム酒の味がたっぷり味わえるリッチで美味しいケーキです♡

ラム酒嫌いの夫もスイーツだと良いみたいで堪能していましたね。

ラム酒、リカーケーキ好きの方はぜひ、このホリデーシーズンにお試しください〜♪

【広告】あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください