大人のおやつ・エルビス・ハウスミュージック

ocean wave pink

-Photo by Nicole Avagliano from Pexels

6月最後の週明け月曜日。

世界の各地からたまたまでも私のブログにたどり着いてくれた皆さまはいかがお過ごしですか?

私はお腹周りが冷えるので、朝からきなこ棒にシナモンを振って食べナツメ茶を飲みました。

大人のおやつ

kinako bo
Photo by fuffy from Pexels

「きなこ棒」は昨日、くまよしとチビさんのレシピを元に初めて作ってみたんですよね。

Cpicon 10分で作れる♫きなこ棒 by くまよしとチビ


本当に10分程度で出来るので、何もかもが面倒な私にも作れる♪

どことなく懐かしくて美味しい味。

思い出したのは山梨の名物「信玄餅」。

贈り物でいただくと嬉しかったな。

黒蜜をかけるて食べるのがまた良くて。

最後に食べたのは思い出せないほど昔。

それで、「きなこ棒」の材料きな粉には、更年期症状を軽くすると言われるイソフラボンが豊富に含まれていますし、蜂蜜にも体に良い成分が含まれている。

食べ過ぎれば元も子もないですが、少しずつね。

胃にも優しい万能おやつです。

エルビスと言えば

日本でも「エルビス・プレスリー」の映画が公開されるとの事で、SNSで話題ですが私は”エルビス・プレスリー=父親のお気に入り”という構図が頭の中にあるのでなんだかな。

家にも車の中にもエルビスのカセットテープがあり。

60年代に青春時代を過ごした父親は、水上スキーを楽しみ単車と車を乗り回し、ちょっとした田舎のボンボンだったそう。

地元のデパートに1年弱勤務した私は父の姓だったので、名札と私が父親似なため「あら?もしかして○○さんてお父さんて・・・?若い頃はよく一緒に水上スキーして遊んだのよ〜」とか「お父さんは今何してるの?お母さんも元気?」などと聞かれる事もしばしば。

で、掘り下げるとこういう人々の子供は私の友人だったり。

田舎ならではの世間の狭さです。

それと、学生時代私が男友達を母親の住むマンションに連れて行くと、「あら?もしかして〇〇さんとこの息子さんかな?お父さんお母さん知ってるよ〜よろしく伝えてね」と母が言うこともあったので、結局は2代目同士で遊んでいたという。

似た嗜好を持った遺伝子が結局集まるっていうね。

毎度の事ながら”エルビス”とは関係のないところに話が飛びました。

しかし、エルビスファンだった父その割にカラオケの18番は「昴」だったけどな。

ハウス・ミュージックとか

ハウス・ミュージックを聴くことがほぼない夫が最近、懐かしのDeee-Liteを聴いている。

テイ・トウワのこと知らなかったくせに。

移りゆく音楽の動向のせいかな。

今時流行りの音楽はよくわからない私ですが、ドレイクやビヨンセの新譜結構好き。

ハウス・ミュージック、クラブミュージックはやはり好きなので。

宇多田ヒカルさんは移り変わりが早かったように思う。

Netflixの「Hikaru Utada Live Sessions from AIR Studios 」夫と観ました。

私は宇多田ヒカルさんを聴きながら青春時代を過ごしたわけではないのに、彼女の曲を聴くととてもなつかしく、切ない気持ちになるのが不思議なところ。

宇多田ヒカル – 君に夢中

出典:Hikaru Utada / YouTube

本日はそんな事でした!

皆さまの今週が健康でよい週になりますように。

どなた様もご自愛ください♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください