特になんてことない、日々の暮らしで思い出した話

Autumn Leaves

-Photo by Pixabay from Pexels

今日の気分はSade(シャーデー)♫

初めて手に入れたアルバムは「Love Deluxe」。

1992年にリリースされたアルバムだから、このCDは東京のどこかで購入している。

「Sade」はイギリスのバンド。

夫は割とイギリス出身のアーティストの音楽には疎いのですが、やはりSadeは知っていたし、CDも持っていた。

私が80〜90年に日本でよく聴いた、”洋楽”CDと夫の手持ちCDと照らし合わせると、私のCDにはイギリスのアーティストのものが多いことに気づく。

その時代、日本で耳にしていた、販売されていた音楽はイギリス出身のアーティストの音楽が多かったんだなぁと。

それとも、ただ単に、私に影響を与えてくれた周りの人たちがイギリス音楽を多く聴いていただけなのか、いろんな音楽を聴く中でたまたま私がピックした音楽がそんな音楽だったのか。

それは謎。

今は、Apple Musicから「Sade」をランダムに流し聴いていますが、やわらかくなった秋の陽射しに「By Your Side」とても合う。

出典:Sade / YouTube


心地のいい音楽を聴きながら当たり前に飲んでいるコーヒー。

普段「フレンチ・プレス・コーヒー」をよく飲んでいるのですが、今日は普通に手動でお湯を落としたコーヒーを飲んでいます。

コーヒー豆は夫が気まぐれでスーパーマーケットから買ってきたこちら。

「Light Roast」なのでかなりマイルド。

ブラックで飲むのに丁度いい感じのコーヒーです。

たまにはこんなコーヒーも新鮮で良い。

コーヒー豆と言えば

夫と横浜に住んでいたとき、時々行っていた天王町の「フレッシュロースター 珈琲問屋 横浜本店」。

コーヒー豆の他にもいろんなスイーツなどが販売されていて、好きだったな〜。

ただ、駐車場はないのでイオンで買い物してから行くというのが定番でしたけど。

天王町のイオン、水曜をのぞく平日の昼間はのんびりと買い物できたし、全てが少々くたびれた感じの雰囲気も好きだったのですが、建て替えされるんですね。

隣接したマンションも出来るそうで、あの辺の雰囲気もガラリと変わるんでしょうね。

私達が住んでいたのは保土ケ谷区。

買い物に行くのも遊びに行くのにも、都会過ぎず地方過ぎず、丁度いい場所で住みやすかった。

独身の頃は南区に住んでいたんですよね。

夜になると、駅からの道のりが暗くて怖かったけれど、ここでは実際に怖い思いをした事が1度もありませんでした。

この時の勤務地は横浜だったので通勤が極楽で。

横浜って田舎育ちの私からすると、とても都会なのですが、住んでみると地元の人が多いので東京と比べると生活感が漂う。

暮らし心地はとてもよかった。

横浜駅は独身で住んでいた90年代始めの頃と違い、どんどん開けて。

あの頃の東横線は桜木町が終着駅だったんですよね、そう言えば。

みなとみらいのランドマークタワーも、オープン仕立ての頃は観光に友人たちと行った思い出が。

横浜駅は、庶民的な西口のダイヤモンド地下街から、相鉄ジョイナスのクイーンズ伊勢丹それから、きた東口に続くオシャレなベイクォーターも好きだった。

もし、万が一、東京近郊に引っ越しする事になったらまた横浜に住む。

週末ですね

そして、うれしい週末です!

特別な事をする予定はありませんが、毎週決まって来てくれる金曜日は普通にうれしい。

私の住む地域は本日も秋晴れのよい天気。

さぁ、ウォーキングに出かけようと思ったら周辺で草刈りが始まってしまった☆

とても有り難いのですが、これが始まるとアレルギー源の他にもいろんな物が舞い始めるので大変なんですよね。

マスクをしていると、サングラスは怪しくなり過ぎるのでかけないのですが、それで防いでない目にいろいろ入ってくる。

しばらく待ってから出かけよう。

おやつにDoritosを食べてしまったので、しっかり歩かなくては。

世界の各地から私のブログにたどり着いてくれた皆さま、よい週末をお過ごしください♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください