人間ウォッチングやヨガマットの話

hotel lobby

-Photo by Max Vakhtbovych from Pexels

相変わらずのホテル住まい。

気温がグッと下がってきたせいか咳している人をよく見かけるのですが、それでも皆マスクしてない。

理由はわからないけれど、今日に至ってはフロントデスクに立てられていたクリアパネルも取り外されていた。

恐怖。

今朝はここで2人目のアジア人に遭遇しました。

私の乗ったエレベーターが開くと目の前に立っていて、嬉しかったのでGood morningと声をかけるとすれ違いざま、彼女からも少し高めの声でGood morningと。

私たちはマスク組。

ここのカフェで白人女性たちが朝からミーティングしていたけれど、なかなかの距離感でありながら、誰もマスクしてないからね。

逆にもう「勇気ある」と思おう。

ネブラスカ州のロゴ入りスウェットを着ていたマクス無しの若い女性は、咳払いを何度もしながら私の横でコーヒーを注いでいたので、チラ見すると彼女のタンブラーにはルース・ベイダー・ギンズバーグの大きなステッカーがデカデカと貼られていて。

法律の勉強しているのかな?凄いねと感心してしまった。

彼女がマスクを着用していたなら、スモールトークもしたけれど。

しかし、ちょっと面白いのは私のマスク姿を見るとすれ違いざまでも、口を一文字にぎゅっとさせる人が多い。

老若男女問わず。

わかり易くて何となく可愛らしいと思ってしまう。

人間観察

私は公共の場で人間観察するのが大好き。

”ジロジロ”と見ないようには気をつけているつもりです。

サービス業していた頃の癖が抜けてないのかも。

話はそれますが、公共の場で人々を観察する事は、意外にセルフディフェンスでも役立つ事なんですよね。

どんな場所でも公共の場にいる時は、周りにいる人々見て雰囲気を感じて、その光景に少しでも違和感があるようなら、自分の直感(trust your gut)を信じて用心する事と学びました。

大概、そんな時に感じる自分の直感は当たっているものらしいですよ。

新調したヨガマット

住んでいたアパートメントからヨガマット持ってくるのを忘れてしまった。

丸めて持ってくる気満々でしたが、心身共に疲れ切っており、ヨガマットまで手をのばす余裕がなく。

その詳細はこちらから。

アパートメントオフィスからは、置いてきた物についての電話があり、既に処分してくれるようお願い済み。

足を踏ん張った時に裂けてしまった部分もあったことだし、新しいヨガマットを新調する事にしました。

ホテルにジムはあれどヨガマットの共有は避けたい。

だからと言って滞在中、全くヨガしないでいるのは体がキツいので。

インドの神様、ガネーシャがプリントされたヨガマット。

ヨガマットyoga mat

立つ姿勢のヨガをやる際、神様を毎回踏みつけるのはどうかと思いますが、スポーツ用品店でセールになっていたのでこちらを選びました。

最後に

ホテルではいつ何時、何が起こってもいいよう早寝早起きに挑戦しているのですが、そうすると1日が長いね。

日が長いというのか。

いろんな作業は捗る気がするけれど。

本日は穏やかな秋晴れの1日でした♪

近づく冬の寒さにご用心ください♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください