アメリカ暮らしでも和スイーツ好き♡材料を着々と揃え「クリームあんみつ」を作った話

kyoto wafuku

-Photo by Satoshi Hirayama from Pexels

9月ですね!

本日の午前中、私の住む地域では気温が30℃を切り天気雨が多少あったものの、ほぼ空は曇りで風もいい感じで吹いていたので、以前歩いていたウォーキングコースをいつもより長く歩きました♪

一気に秋の気配を感じています。

そんな中ですが、近ごろはすっかり「和」スイーツに凝っている我が家。

着々と材料を揃え、先週末「クリームあんみつ」作りにチャレンジしました。

アメリカでも都会暮らしなら別でしょうが、この辺りで”甘味処”に行きたいと思ってもお店はありませんから、自分で作るしかない。

それで挑んでみたわけです。

「クリームあんみつ」詳細

asian sweets クリームあんみつ

画像は夫のですが、私の「クリームあんみつ」には黄桃の缶詰も添えました♡夫は桃嫌いなので、みかんの缶詰のみ。

正確には「フルーツクリームあんみつ」になるのかも?

アイスは「BLUE BELL」のNatural Vanilla Bean。

あんこのレシピはこちらから。

抹茶のゼリーはゼラチンで作るゼリーよりも硬めの食感が欲しかったので、今回初めて「アガー」を使用しました。

「アガー」って?

アガー agar

寒天とは違う、なめらかな食感の、海藻が原料の植物性ゼリーの素。

常温でも固まります。

ローカルスーパーでも販売されているかもしれませんが、私は今まで探した事がなかったため、迷わず確実に手に入るAmazon USAから購入。

「アガー(Agar)」も検索するとたくさんの種類が出てきますから、取りあえず評価が高く”Amazon’s Choice”だったものを選択。

「アガー」で作る抹茶ゼリー

cookpad」より、なおみアトキンソンさんのレシピを参考にしました。

Cpicon アガーでのど越しツルッと♪抹茶ゼリー☆ by なおみアトキンソン

「アガー」は、ゼラチンと寒天の間の仕上がりになるとどこかで読んだので、寒天のような硬さを求めた私は、アガーの分量を小さじ2で作ってみました。

すると無事、実際に寒天のような仕上がりになりとても満足♪

タイの餅粉で作る「白玉だんご」

Cpicon 海外でつくる♪やわらか白玉黒蜜がけ by peloli

こちらも「cookpad」からpeloliさんのレシピを参考にして。

ダークブラウンシュガーで作った黒蜜も懐かしい味がして、いいアイデアだと思いました。

私は先々週、作った白玉だんごを冷凍保存していたものを解凍して添えたのでした。

抹茶パウダー

私は今回、アジア系スーパーで購入しましたが、比べるとAmazonの方がお得だったか☆

ま、なんでもかんでもAmazonに頼っていると、地元にあるスーパーマーケットの首を絞めてしまう事にもなりかねないので、気をつけなくてはと思いつつ。

最後に

「和」スイーツ全般も好きな夫と食べたクリームあんみつは、なかなか美味しかった♪

材料を揃えていく過程も楽しかったし。

次の欲求は、「和」スイーツを素敵に盛れるアジアン・テイストの器♡

日本の語呂合わせで、9月3日は”9(グッ)3(スリ)”ということでベッドの日らしいですよ。

こじつけに聞こえなくもないですが。

安眠は健康に欠かせない要素ですから、眠りの質を高め、変わり目の季節を健やかにお過ごしくださいね♡

【広告】あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください