How to Get Away with Murder「殺人を無罪にする方法」(TVシリーズ)

Wanamaker Grand Court Organ

-Photo by David-

ジェットコースターのように、目まぐるしい早さでドラマが展開するションダ・ライムズのTVドラマ、How to Get Away with Murder(殺人を無罪にする方法)。

こちらのドラマは、2014年9月よりアメリカのABCチャンネルで放送されたミステリー、スリラードラマです。

フィラデルフィアを舞台とした法廷もので、弁護士であり法学教授でもあるアナリーズ・キーティングが、ロー・スクールの学生たちとさまざまな事件の被告人を弁護してゆきます。

主人公のアナリーズを演じたヴィオラ・デイビスは、このドラマで黒人女性初の主演女優賞を受賞、その他にも二つのSGA賞(全米映画俳優組合賞)、イメージ賞など数々の賞を獲得しました。

今回は、スリル感も満載のサスペンス・ドラマ、「How to Get Away with Murder」について少しだけご紹介します。

あらすじ(シーズン1 第1話)

ストーリーは、ロー・スクールの学生ウェス、コナー、ミカエラ、アッシャー、ローレル5人のフラッシュバックから始まる。

フィラデルフィア、ミドルトン大学で法学教授を務め、敏腕弁護士でもあるアナリーズ・キーティングが受け持つクラスの授業では、”殺人を無罪にする方法”をレクチャーしていた。

取り扱う事件は、広告代理店のCEOであるアーサー・カウフマンが、鎮痛剤と血圧の薬をすり替えられ殺されそうになったという、鎮痛剤殺人未遂のケース。

アナリーズたちの依頼人は、ジーナ・サドウスキー。
アーサーの第二秘書で、愛人でもある女性。

学生たちがジーナに事情聴取をすると、ジーナは無罪を主張する。

アナリーズは、ジーナを無罪に導き出す答えを提出するよう生徒たちに伝え、その中でも優秀な生徒には、優等賞をあげる事そして、キーティング弁護士事務所にインターンとして採用すると告げた。

そして、優秀で、さまざまなバックグラウンドを抱えた5人の生徒が選ばれるのだが・・・。

彼らのフラッシュバックと、解決されてゆくべき事件が重なっていき、ドラマはアッ言う間にラストを迎えます!

放送日:2015年4月18日(日本)
放送局:Dlife
邦題:殺人を無罪にする方法
脚本:ピーター・ノワック
製作総指揮:ションダ・ライムズ、ベッツィ・ビアーズ、ビル・デリア、ピーター・ノワック
製作:スコット・コリンズ、トレーシー・ベロモ、ヴィオラ・デイビス(シーズン3)
エピソード:
シーズン1 全15話
シーズン2 全15話
シーズン3 全15話(日本未公開)
シーズン4 全15話(アメリカ:2017年9月28日放送予定)
出演者:ヴィオラ・デイビス、ビリー・ブラウン、アルフレッド・イーノック、ジャック・ファラヒー、アジャ・ナオミ・キング、マット・マクゴリー、カーラ・ソウザ、チャーリー・ウィバー、ライザ・ウェイル、コンラッド・リカモラ

「殺人を無罪にする方法」日本版 予告編

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』予告篇 / moviecollectionjp

最後に

アナリーズのキャラクターが魅力的なのは、彼女が”素”のままの黒人女性の姿を公開し、彼女の強さの裏側にある、弱さと母性を垣間見せているからのように思えます。

”素”のままとは、体のことではなくメイキャップとウィッグを全て取り去り、TVの画面で視聴者に黒人女性の全てを見せたということです。

ナビ海外ドラマの特別インタビューでも、製作総指揮のベッツィがその事について、「アメリカのTVドラマでは、今までに行ったことのない驚くべきシーンをやりました」と言っていて、ションダ・ライムズは「パワフルな黒人女性が開放された瞬間であり、それは、TVを変える歴史的瞬間でした」と。

それに対し、アナリーズを演じたヴィオラもとてもプライベートなシーンに思え、大切な演技だったと答えています。

スキャンダルの主人公、オリビアとはまた違う等身大の黒人女性がヒロインのドラマ「殺人を無罪にする方法(How to Get Away with Murder)」、秋の夜長にもおすすめです♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください