Scandal「スキャンダル」(TVシリーズ)

The White House ホワイトハウス

-Photo by Rob Young

アメリカの人気脚本家、ションダ・ライムズが手がける「Scandal(スキャンダル託された秘密)」をご存知ですか?

アメリカのABCチャンネルより2012年4月に放送された「Scandal」は、アメリカン・フィルム・インスティチュートでピーボディ賞を受賞し、イメージ・アワードでは優秀ドラマシリーズとして表彰されました。

ヒロイン、オリビア・ポープを演じるはケリー・ワシントン。
ドラマのジャンルは、ホワイトハウスを中心とした政治的、サスペンス、スリラー。

元ホワイトハウスの広告部長で、優秀なフィクサーのオリビアが纏うファッションは、いつも知的で華やか。

彼女のスタイルは、ファッション雑誌で取り上げられたり、高級百貨店のサックス・フィフス・アベニューでコラボレーションされたりと、常に注目を浴びています。

これまでに、シーズン6までが放送されており、2017年10月から放送されるシーズン7がいよいよ最後の物語になるようです。

ションダ・ライムズの手がけるドラマは、ほぼ全てチェックしているのですが、スキャンダルの主人公、スマートでパワフルなオリビア・ポープがこれで見納めになるのかと思うと、寂しい気持ちになりますね。

今回は、そんな「スキャンダル託された秘密」を少しだけご紹介します。

あらすじ(シーズン1 第1話)

オリビア・ポープは、「オリビアポープ&アソシエイツ」の代表者であり、元ホワイトハウスの広告部長。

クイン・パーキンスは、そんなオリビアに”グラディエーター”の一員として雇われる。

ある日、血を浴びたクライアントが、自分の無罪を証明して欲しいとオリビアの元にやってきた。

彼の名はサリー・セント・ジェームス、海軍のスペシャルユニットで活躍した若き英雄。

仲間のハックが事件の概要を調べると、サリーのガールフレンドは彼女のアパートで、頭を銃で3発撃たれ亡くなっていたという。

オリビア達がサリーに事情を聞くと、彼はその日ガールフレンドにプロポーズをするつもりで彼女の元を訪れたのだと言い、彼女の事を愛しており自分は殺していないと言うのだった。

サリーの周りのさまざまな状況を察する限り、無罪を証明するのは難しいとオリビア以外の誰もが思うが、オリビアはこのケースを引き受けるというのだった・・・。

放送日:2013年7月8日(日本)
放送局:WOWOW
脚本:ションダ・ライムズ
製作総指揮:ションダ・ライムズ、ベッツィ・ビアーズ、マーク・ウィルディング
製作:メリ・D・ハワード、スコット・コリンズ、マット・バーン、ヘザー・ミッチェル
エピソード:
シーズン1 全7話
シーズン2 全22話
シーズン3 全18話
シーズン4 全22話
シーズン5 全21話
シーズン6 全16話
シーズン7 全18話(アメリカ:2017年10月5日公開予定)
出演者:ケリー・ワシントン、コロンバス・ショート、ダービー・スタンチフィールド、ケイティ・ロウズ、ヘンリー・イアン・キュージック、ギレルモ・ディアス、ジェフ・ペリー、トニー・ゴールドウィン、ベラミー・ヤング、ジョシュア・マリーナ、スコット・フォーリー、ポーシャ・デ・ロッシ、コーネリアス・スミス・Jr、ジョー・モートン

「スキャンダル」日本版 予告編

海外ドラマ『スキャンダル』 予告編 / moviecollectionjp

最後に

息もつかせぬセリフの多さと、物語の展開の早さがションダ・ライムズの手がけるドラマの特徴です。

見てるうちに、段々とそんな彼女の世界に引き込まれてゆくんですよね。

以前、ファッションのカテゴリーでもオリビア・ポープのスタイルについて記事にしたのですが、彼女の知的でエレガントなスタイルからも目が離せません。

権力争いに、不倫、そして殺人までスキャンダラスな事が次々に起こる「スキャンダル」。

まだ見たことのない方は、ションダ・ライムズの世界にぜひ、足を踏み入れてみてください♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください