晩秋の読書と今日の出来事

book coffee sun

-Photo by freestocks.org from Pexels

護られなかった者たちへ

放浪生活中で暇な時間が多いので読書が進みました。

今回読み終えたのは中山七里さんの「護られなかった者たちへ」。

私は米国の「KINOKUNIYA ONLINE」から購入。

映画化されるとSNSで見て、興味が湧いたので読んでみました。

私はミステリー小説好きなのですが、中山七里さんの作品を読んだのはこれが初めて。

社会派ミステリーとの事でしたが、思っていたよりもかなり心にズーーーンと響いた作品でした。

ここで、東日本大震災で被害3県に当たる場所が地元で、実際にご自身も被災してしまった人と知り合い友人になって、その時の様子を割と事細かに聞いたことがあります。

聞きながら泣きそうになりましたが、彼女が気丈に淡々と話してくれたので、私も涙はこらえ。

しかし、”最終的に1番怖かったのは人だったかも”と話してくれた事が忘れられません。

「護られなかった者へ」は東日本大震災に関する内容も含むので、どうしても彼女の話と重なりなかなか辛い場面がありました。

しかし、フィクションながら日本にこういった闇の部分、実際にあったりして?

そんな事を思うと、やりきれない気持ちになったりもして、だったら今の私に出来ることはなんだろうと考えたり。

いろんな事を考えさせてくれる作品て、良いと思う。

とても抽象的なもの言いですが。

今後もそんな作品に出会いたい。


映画の予告編は前にチラリと見ましたが、誰がどなたの役をやるのかまで把握していなかったので、想像をしながら本を読み進めていくのは楽しかった。

読み終えた後、調べたのですがちょっと意外だったキャスティングもあり。

映画はこちらで見られる機会があれば、ぜひ観たい。

健くん、出てるし♡

それと三雲忠勝を演じる瑛太も気になる。

いよいよ鍵!?

それから。

今日の午前中は物件の売買において、所有権の移転を代行してくれるタイトル・カンパニー(title company)のオフィスへ出向き、クロージングコストを支払い、膨大な書類にサインしてきました。

そして、鍵は我が家で売り手のエージェントからもらって、家購入のプロセスこれにて終了!

これまでの話はこちらから。

紆余曲折あったので一時はどうなる事かと思いましたが。

これまでの出来事はそのうちまとめてブログにします。

自分たちへの復習の意味も込め。

取り合えず、掃除はしないと始まらないと思っていましたが、それは売り手側がしてくれるとの事。

今週末は「PODS」に荷物を届けてもらい、今度は荷降ろし頑張ります。

但し、荷降ろしは100%引っ越し屋さんに頼むつもりでいるので、荷解きだけが自分達の仕事。

これに期限はないからのんびりやります♪

取り合えずThanksgiving(感謝祭)には間に合ったのでよかった。

私の住む地域、本日は予報が的中して気温グンと下がったのでヒートテックの出番でした。

この時期は寒暖差が激しいのを見越し、ホテルに持参してきていた♪

皆さまも寒暖差には気をつけて、暖かくしてお過ごしください♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください