Alien: Covenant「エイリアン: コヴェナント」(2017)

Earth 地球

-Photo by Kevin Gill

アメリカでは5月19日に公開された『エイリアン:コヴェナント』を、エイリアン好きの旦那と私は早速、観に行って参りました。

皆さまは、エイリアンってお好きですか?

私は、シガニー・ウィーバーの頃からの大ファンなので、新しい映画が公開されるやいなや映画館へと足を運びます。

今回の”コヴェナント”は、2012年に公開された”プロメテウス”後のストーリーで、引き続きあの「エイリアン」になるまでの、プロローグ的な内容の映画でした。

相変わらず、エイリアンの毒々しさと残忍な様子には変わりなかったのですが、今回はなぜか、乗組員たちの誰にも感情移入ができなかったのですよね。

エイリアンに襲われる際の恐怖感を味わうと言うよりは、どうしてエイリアンがこんな事になったのかを解き明かすための、”プロメテウス”よりもっと、論理的な映画だったように思いました。

日本での公開日は、2017年9月15日のようです。

エイリアンファンの方々には待ち遠しいでしょうが、あらすじをネタバレしない程度にザックリとご紹介いたしますね。

あらすじ

宇宙船コヴェナントは、アンドロイドであるウォルターによって監視されています。

ウォルターは、”プロメテウス”で登場したディビットよりも、新しいモデルのアンドロイド。

冷凍休眠中だった乗組員たちは、人類の新天地となる惑星へ向け航行中でしたが、衝撃波を受け船は故障、休眠中だった船長はこの事故のために死亡してしまいます。

乗組員たちは、悲しみながらも船の修理に追われます。そんな中、ある惑星から人間が発信したと思われる信号を受信。

船長代理のオラムは、ダニエルズの反対を押し切りその惑星を調査することを決めます。そして、科学者たちとウォルターは惑星に降り立ち信号を追跡。

追跡の最中、レッドワードとハーレットの2人は誤って謎の物体を踏みつけ、胞子に感染してしまいます・・・。

公開日:2017年9月15日(日本)
監督:リドリー・スコット
脚本:マイケル・グリーン、ジョン・ローガン、ジャック・パグレン
出演者:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ジェームズ・フランコ、ガイ・ピアーズ、ダニー・マクブライド

「エイリアン:コヴェナント」日本語字幕Ver. 予告編

映画『エイリアン:コヴェナント』予告D / 20世紀フォックス映画公式チャンネル

最後に

私の英語の理解不足も手伝ってか、映画のシーンの繋ぎの説明が薄かったようにも感じたんですよね。

それで、『エイリアン:コヴェナント』の映画の解説をしているサイトを検索しましたら、ディレクターズ・カットやなにかを繋ぎ合わせ、解説しているサイトの多いこと。

それだけファンは、エイリアンに対して突っ込むし、知りたいし、しつこいです!
私もその1人ですが。

未だ、自分がそう思った部分と解説しているサイトの意見を組み合わせ、リドリー・スコットが言わんとしていることってなんぞや?と思案中です。
とりあえず、ここで物語が完結していない事は確かですよ!

『エイリアン:コヴェナント』日本での上映をお楽しみに♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください