Aquaman「アクアマン」(2018)

Sea Ocean

-Photo by pixabay.com

日本では、2月8日に劇場公開された「Aquaman(アクアマン)」をAmazon USAのプライム・ビデオより見ました。

この作品は、アメリカのDCコミックス社が、1941年より発行している漫画を実写化したスーパーヒーロー映画。

夫は、DC社とマーベル社のアメコミを熟読して育った世代の人なのですが、アクアマンの人気度を聞くとそれはもう低かったとの事。

海の生物を味方につけ敵をやっつけるという手段は、他のDCコミックスのバットマンやスーパーマンなどのスーパーヒーローと比べると、今ひとつカッコよくなかったのだとか。

しかし、ジェイソン・モモアがアクアマンを務めたこの映画のお陰で名誉挽回☆
公開されるやいなや、劇的に人気度がアップしたそうです。

ジェイソン・モモアは、私、「ゲーム・オブ・スローンズ」でドラゴンクィーンの夫役(カール・ドロゴ)で出演されていた時から、実は目をつけていました♪

なんともセクシーで格好の良い俳優さんなんだろうと♡
この映画でアクアマンを演じるとニュースで見たときは、やっぱりね〜主演を務めるほどの人なのよと、自分の目のつけどころを自画自賛。

そして、調べて気づいたのですが監督は中国系オーストラリア人のジェームズ・ワンだったのですね。

ジェイソン・モモア主演で、ジェームズ・ワン監督の作品だったというのに映画館へ足を運ばなかった事を今さら後悔。

まぁ、でもプライム・ビデオで購入して鑑賞したわけだから、勝手にそれは良しとしよう。

第二弾が公開されたら絶対次は劇場に足を運びます!

そんな訳で今回は、「Aquaman(アクアマン)」のあらすじを少しだけご紹介します。
ぜひ、今後の映画選びの参考にしてください♪

あらすじ

1985年、アメリカのメイン州で灯台守をしているトーマス・カリーは嵐の中、海岸に打ち上げられていた女性を救出する。

その女性は海の底にある国、アトランティスの王女アトランナ。
自分の国から逃亡してきたアトランナとトーマスは、恋に落ち息子アーサーを授かった。

しかし、アトランナはアトランティスからの追跡者によって国へ戻ることを余儀なくされ、必ず帰ってくるとトーマスに告げてそこから去ることになる。

一般の子供と同じように育ったアーサーだが、超人的なパワーと海洋生物とコミュニケーションを取れるという不思議な力を兼ね備えていた。

ある日、そんな能力を活かし、何者かによって襲われているロシアの潜水艦を救助するのだがそこで思わぬ敵を作ってしまうことになり・・・。

公開日:2019年2月8日(日本)
監督:ジェームズ・ワン
原作:ポール・ノリス、モート・ワイジンガー『Aquaman』
脚本:デビット・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック、ウィル・ビール
製作:ロブ・コーワン、ピーター・サフラン
製作総指揮:ジョン・バーグ、ウォルター・ハマダ、ジェフ・ジョンズ、デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー
出演者:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィリアム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ニコール・キッドマン、ドルフ・ラングレン、ヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世
音楽:ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ

「アクアマン」日本語字幕Ver. 予告編

映画『アクアマン』特別映像5分 /
ワーナー ブラザース 公式チャンネル

「アクアマン」サウンドトラック

Aquaman (Original Motion Picture Soundtrack) by Rupert Gregson-Williams / Spotify

最後に

スーパーヒーローもの映画は大好きなのですが、またこの「Aquaman」も良かった!

ピュアブラッドの弟であるオーム王と、二つの血を受け継ぐ兄アーサーの方向性の相違から生まれる争いも見どころ。

いろんな観点から起こっている物事を見られる面白い映画でした。
日本での上映は3月の中旬くらいまで?かな。

見逃した方は、ネット配信やレンタルなどが出るまで待ってぜひともご覧ください♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください