Glass「ミスター・ガラス」(2019)

purple

-Photo by pexels from Pixabay

Amazon USAのプライム・ビデオより「Glass」邦題「ミスター・ガラス」を見ました。

この映画は、「シックス・センス」「アンブレイカブル」「スプリット」を生み出したM・ナイト・シャマラン監督の最新作。

と言っても映画が公開されたのは2019年の1月ですが、ミスター・ガラスは「アンブレイカブル」「スプリット」の続編になります。

もし、この二つの映画を見ていない方は、全てを鑑賞したあと臨む方が面白みが倍増することと思います。

作品のジャンルでいうとサスペンス、スリラーのスーパーヒーローもの。
私はバットマンをはじめ、ダークサイドのヒーローものも結構好きなんですよね。

アメリカを代表するDCコミックスのスーパーヒーロー、”バットマン”とM・ナイト・シャマラン監督の描くスーパーヒーローに違いはあるもののね。

そして、M・ナイト・シャマラン監督の作品は好みのものが多い♪

今回は、そんな「アンブレイカブル」「スプリット」の続編「ミスター・ガラス」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、ご覧ください。

あらすじ

人に触れるだけでその人の悪事がわかる能力を持つデビット・ダンと、その息子ジョセフは、犯罪を撲滅するための自警団として働いていた。

二人は4人のチアリーダーの行方を追っている。
雨の日、道端で多重人格であるケビンとすれ違い、手が触れた瞬間に彼の犯行だと気づいたデビットはチアリーダーを助けに倉庫へと向かう。

4人を逃がすと、そこにかけつけたケビンだったが、彼の中の超人的な人格”ビースト”が姿を現し争いになり戦うデビット。

そんな最中、倉庫から飛び出した二人を待ち受けていたのは、エリー・ステープル博士率いる、フィラデルフィア警察署の面々だった。

ケビンは、催眠を引き起こす装置でライトを当てられ人格を転換、ステープル博士はデビットに降伏するよう説得。

二人は身柄を拘束されて精神病院へと入れられてしまう。
そこには、頭脳明晰で骨形成不全症をわずらうイライジャも囚われていた。

ステープル博士は、彼らに特殊な能力など備わっていないと説得する役割を担っており、3人の弱点を利用して彼らの研究を続けてゆくのだが・・・。

公開日:2019年1月18日(日本・アメリカ)
監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:マーク・ビエンストック、ジェイソン・ブラム、アシュウィン・ラジャン、M・ナイト・シャマラン
製作総指揮:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム、スティーブン・シュナイダー
出演者:ジェームズ・マカヴォイ、ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、アニャ・テイラー=ジョイ、サラ・ポールソン、スペンサー・トリート・クラーク
音楽:ウェスト・ディラン・ソードソン

「ミスター・ガラス」日本語Ver.予告編

M・ナイト・シャマランの最新作『ミスター・ガラス』日本版予告編 / シネマトゥデイ

「ミスター・ガラス」サウンドトラック

Glass (Original Motion Picture Soundtrack) West Dylan Thordson / Spotify

最後に

見終えたあと、もしかするとこれから何かが続いていくのかなとぼんやり思ってしまったのですが、どうでしょう?

調べてみると、日本のAmazonプライム・ビデオでの配信は2019年4月17日、DVD・ブルーレイの発売、レンタル開始は2019年4月24日からのようです。

M・ナイト・シャマラン監督作品のファンの方で、劇場での鑑賞を見逃した方サスペンス、スリラーものがお好きな方にぜひおすすめの映画ですよ!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください