Judas and the Black Messiah「ユダと黒人の救世主」(2021)

dark fire

-Photo by Eugene Shelestov from Pexels

米国のHBO Maxより「Judas and the Black Messiah」を観ました。

正式な邦題が「ユダと黒人の救世主」なのかは不明ですが。

タイトルの意味がスッと入っていく人には、物語の内容だいたい把握できるかと思うのですが、わからない人にはネタバレになる気もするので、説明するのは止めておきます。

この作品は事実に基づいて作られた伝記映画で、監督を務めたのはシャカ・キング。

プロデューサーには、マーベル・コミックのスーパーヒーロー映画、ブラックパンサーⅠ、Ⅱで監督を務めるライアン・クーグラーが携わっています。

主演は、イギリス俳優のダニエル・カルーヤとアメリカ出身の俳優でラッパーのキース・スタンフィールド。

お二人はそう言えば「ゲット・アウト」で共演していました。

ついでに言うと、ちらりとこの映画に出演されているリル・レル・ハウリーも「ゲット・アウト」の出演者。

「Judas and the Black Messiah」でダニエル・カルーヤが演じたのは、1960年代後半に結成された、自警団ブラックパンサー党の活動家で指導者でもあったフレッド・ハンプトン。

キース・スタンフィールドは、ブラックパンサー党に潜入したFBIの情報提供者、ウィリアム・オニール役を演じています。

今回は、そんな「Judas and the Black Messiah」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、今後の映画選びのご参考までに。

あらすじ

1960年の後半、ウィリアム・オニールは偽物のバッジを持ち、FBIのふりをしてバーに集った人々を脅し、客の車を盗んで逃げた。

その後、シカゴで逮捕されたウィリアムだったが、FBIの特別捜査官ロイ・ミッチェルから呼び出され、FBIの秘密捜査官として働けば告訴を取り下げると持ちかけられる。

”秘密捜査官”の仕事は、ブラックパンサー党に潜入しFBIが以前から目をつけていた、フレッド・ハンプトンの動きやブラックパンサー党の内情を報告することだった。

依頼を引き受けたウィリアムは、仲間として良くしてくれるフレッドに尊敬の念を抱きつつ、FBIからの任務からは逃れられず。

板挟みになりながらも、日々を過ごしてゆく・・・。

公開日:2021年2月12日(米国)
監督:シャカ・キング
脚本:ウィル・ベンソン、シャカ・キング
製作:ライアン・クーグラー、チャールズ・D・キング、シャカ・キング、
出演者:ダニエル・カルーヤ、キース・スタンフィールド、ジェシー・プレモンス、ドミニク・フィッシュバック、アシュトン・サンダース
音楽:クレイグ・ハリス、マーク・アイシャム

「Judas and the Black Messiah」英語版 予告編

出典:Warner Bros. Pictures / YouTube

最後に

見終えた後、いたたまれないような、なんともいいようのない気持ちになった映画でした。

以前見た「Seberg」も、ブラックパンサー党とFBIが取り上げられた映画で、あの時代は手段を選ばない、そして”出る杭は打たれる”やり方でアフリカ系アメリカ人は虐げられて来たんだなと。

今は以前よりはマシになっていると思いたいけれど。

しかし、物語のバックグラウンドに流れる音や音楽はカッコよかった。

スパイク・リー映画を少し彷彿されるような。

ダニエル・カルーヤの演技は相変わらず素晴らしかったし、キース・スタンフィールドは頼りない感じの人の演技が上手いというのか、似合うというか。

「Sorry to Bother You」はキース・スタンフィールド主演、私のお気に入り映画の一つ。

そんな事で、こういう事実もアメリカにはあったのだということを、呑み込むためにも見るとよい映画です「Judas and the Black Messiah」。

日本でも公開、または配信されましたらぜひ!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください