お茶好きの友人に教えてもらった美味しい中国茶♡3種

Tea set

コロナ禍により世の中は暗いニュースで溢れており、それに付け加えて私は細菌に襲われ、踏んだり蹴ったりの2021年1月。

病院へ行き処方してもらった薬を飲み始め1週間は過ぎました。

まだ全快とはいかないものの、ゆっくりと体は回復に向かっております。

お腹の火傷のような傷は、ひねるポーズをすると痛むのでヨガはまだできない。

あと、床に落ちたものを拾ったりするときにする”く”の姿勢も×

しかし、他は全面的に元気なので体を動かしたくて仕方がない。

このまま肩が上がらなくなったり、股関節がこれ以上硬くなってしまったらどうしよう、という恐怖心と戦っています。

そして、ここ3日ほど800mgのイブプロフェン(痛み止め)は必要ないかもと感じたので、飲むのを止めてみましたら突然肩が痛い。

普段からガッチガチに凝り固まっている肩も、痛み止めを飲んでいたせいで感じなくなっていたのだと。

肩の軽いストレッチだけ始めました。

歳を重ねると、病気になっただけでは済まずにその他もろもろ、付随してくる体の不調に悩まされます。

そんな日常を送る私ですが、世界各地から私のブログにたどり着いてくれた皆さまは、いかがお過ごしですか?

今回は、上海住みの友人に教えてもらった美味しいお茶を3つご紹介します!

私はどちらかというとコーヒー派ですがお茶も好きで。

上海住みの友人も偶然、お茶好きだったんですよね♪

そこで、おすすめのお茶を聞き、飲んでみましたらどれもとても美味しかったので、ブログでもご紹介しようと。

ぜひ、今後のお茶選びのご参考までに。

上海住み・お茶好きの友人がおすすめしてくれた美味しい中国茶♪

鳳凰単欉(ホウオウタンソウ)

鳳凰単欉 ホウオウタンソウ
鳳凰単欉 ホウオウタンソウ

Phoenix Dan Cong Oolong Tea

烏龍茶に分類されるらしのですが、香りがよく通常の烏龍茶よりも随分とライトな味わい。

本当に烏龍茶?と思ってしまうほど高貴な味わいの中国茶。

月餅や和菓子など、ほのかな甘味のスイーツや飲茶にも合うと思いました。

”飲茶(Dim sum)”って、本場かと思っていた中国には観光地以外ないらしいですが。

「Phoenix Dan Cong Oolong」で検索するといくつか種類がヒットするので、友人に聞き、今回はこちらの「Honey Orchid Fragrance Guangdong Phoenix Dan Cong」にしてみたのでした。

”Fragrance”と表記されていますが、お茶の味を邪魔するようなキツい香りは全くしません。

雲南紅茶

雲南紅茶
雲南紅茶

Yunnan Golden Special – Black Loose Leaf Tea

↑同じものを購入したのですが既に2回、2回ともパッケージは赤でした。

こちらの中国茶は衝撃的な美味しさ!!!かなり私好みのお茶なのだと思う。

住んでいる地域の水との相性もあるのかも?

インドのアッサムティほど渋みはなく、味はまろやか。

中国の紅茶は、正露丸のような臭いが気になる「ラプサンスーチョン」しか頭にありませんでしたから、この雲南省で作られている紅茶を飲んだときは衝撃的だった。

昔、働いていたカフェ(お茶屋さん)には100種類くらい?のお茶が販売されていましたが、置いていませんでしたね。

友人いわく、このお茶はじっくり蒸らしてミルクティにしても◎との事。

とにかく今、私の中でNo.1のお茶なので食後やスイーツと一緒になど、さまざまなシーンで飲んでます。

月光白

月光白
月光白

2017Year Moonlight White Tea Pu’er Puerh Pu-erh Beauty Tea Cake

こちらの白茶は、中秋節の時に友人が月餅と一緒に食べたよ、というのを聞き飲んでみたくなったため購入。

「月光白」って名前もなんだか素敵。

Amazon USAで検索をかけると沢山ヒットしたのですが、友人が塊を砕いたような写真を送って見せてくれたので、なるべく似たようなものを探し。

中国から送られてきたのでしょうね、コロナ禍のためか配送には2ヶ月近くかかりましたが、辛抱強く待ちました。

このお茶はなかなか珍しいお茶だと思いました。

もちろん美味しいのですが。

私は「白茶」というと「White Peony(白牡丹)」。

しかし、「月光白」は入れると烏龍茶のような色合いで(温度が高すぎたのかも)割としっかりと味がする(白茶は緑茶よりもふんわりとした優しい味わいが特徴)。

友人いわく私は”パンチのある味わい”が好みなので、どっちみち好きなお茶なのですが、よく見ると”プーアール茶”との表記もあり。

プーアール茶は黒茶なのに白茶?と頭が混乱したため調べてみると。

白茶の製法で、熟成を軽く仕上げることによって茶葉の風味を活かすことができ、さっぱりした口当たりで飲みやすいです。

 味わいが繊細で優しく、後にほんのりとした甘味が残ります。

引用元:リリーの薔薇園

「白茶」の製法だから白茶と名が付いているのですね。

「月光白」も気にせずいつでも飲んでいます。

最後に

中国のお茶は寝かせると味が変わり、また再度違った味を楽しめると友人は言っていましたが、寝かせる暇なく次から次へと飲み尽くしてしまっている私。

美味しいお茶たちに巡り合わせてくれた友人には本当に感謝です!

これからもどうぞよろしく♡

温かいお茶が美味しい季節です。

ゆるりとしたティータイムを楽しむ時間を作って、ストレスの軽減を♪

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください