私の住む地域のスーパーマーケット☆近況報告など

Cherryblossom

はじめに

日本の天気予報では、桜の開花予想が見られるようになりました。

世界的に殺伐としたニュースが毎日続く中、私のブログにたどり着いてくれた皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

私の住む州の日本大使館からは、コロナウィルスの注意を促すメールが届いていましたが、”現在のところ感染がひろがっている徴候はないとしている”との内容でした。

しかし、本日、年に1度だけ開かれる全米でもまぁまぁ有名な音楽の祭典がキャンセルになったとの知らせを受け、やはりという感じです。

通常でもクレイジーな方々が出没するのに、来年は盛り上がりが頂点に達して、また死人が増えてしまうのではないかという妙な心配も浮上してきます。

そんな中、地元のスーパーマーケットへ食品や日用品の買い出しに行って参りました。

日頃からマスクを着用するという習慣のないアメリカでは、マスクをしていると重病人と判断され誤解を受けるため、使用しません。

同じアメリカでも人との距離が近い、都会で電車やバスで移動をされるニューヨークやサンフランシスコ、シカゴ、シアトルなどに住む人々の中には、マスクを着用される方がいらっしゃるかもしれませんが。

しかし、一般の方々がマスクを使い捨てしていると、医療関係者のマスクが不足してくるのではないかという懸念も。

日本では現在、どういうニュースが伝えられているのかわかりませんが、他の国からの情報を取り入れてみるのも良いかもしれません。

こちらはイギリスのニュース番組「BBC」からの解説。

出典:Twitter

トイレットペーパーが買い占めされるという騒ぎは、誤ったメディアにより流されたデマから始まった騒動らしいですが、未だに日本ではその余波から逃れられずにいるような気がします。

「新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」という旨の虚偽情報を職員がSNSで発信したとして、鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」が謝罪した。職員には厳正な対応をするという。主にSNS上でこうしたデマが広がり品薄、品切れ状態が続いている。

引用元:朝日新聞デジタル

ローカルスーパーマーケット買い占め!?の様子

ネットでニュースを見ていると、やはり不安な気持ちにはなりましたが、私の住む地域のスーパーマーケットのトイレットペーパーは無事でした。

この棚の他にも置かれており、それは山積みになっていましたね。

Toilet Paper

品切れしていたのは、消毒液や除菌スプレー、除菌ペーパーに除菌するとうたわれているハンドソープ類。

hand soap

除菌ペーパーの置いてある棚は、狭められていたのでタテ写真で。

そして、除菌関係のアイテムは、1度の買い物で4つまで購入可という表示がされておりました。

しかし、何もハンドソープは”除菌”アイテムにこだわらなくても、手はせっけんを使用して20秒間洗うと、菌は洗い流せるいうのがアメリカの常識。

日本は30秒間らしいですが。

特に意味はないのですが、”正しい手洗い、コロナウィルス”と検索すると千葉県の森田健作知事が出演している動画がヒットしたので、こちらを貼り付け。

新型コロナウイルス感染防止のための正しい手洗い

出典:千葉県公式PRチャンネル

最後に

本日のスーパーマーケット内は、ガラガラで空いておりまぁ人がいませんでしたね。

通常なら平日でも混み合っているから、私は逆に快適に買い物することができました。

レジで働く若者たちも、殺伐とした雰囲気はなく和みムードだったのも良かった♪

きっと一般の方々は、ネットから品物を購入しているのでしょう。

我が家では、個人情報をスーパーマーケットに登録する事に抵抗があるため、ネットスーパーは利用していないんですよね。

今後のコロナウィルスの感染状況により、それは変わってくるかもしれませんが。

以上、アメリカ南部に住む私からの現状報告でした。

花冷えの折、くれぐれもご自愛くださいね♡

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください