The Invisible Man「透明人間」(2020)

Dark Ocean Beach

-Photo by Marc-Antoine from Pexels

Amazon USAのプライム・ビデオより「The Invisible Man」邦題「透明人間」を見ました。

この作品は、アメリカとオーストラリアの共同制作によるスリラー、SFホラー映画で、イギリスの小説家ハーバード・ジョージ・ウェルズの「透明人間(The Invisible Man)」がベースになっています。

監督を務めたのはオーストラリア出身のリー・ワネル。

好きな監督さんです。

私の記憶に新しいリー・ワネルの作品は、こちらの「アップグレード」。

主人公のセシリアを演じたのは、「マッドメン」や「ハンドメイズ・テール」に出演し、人気を集めているエリザベス・モス。

エリザベス・モスは好きな俳優の中の1人で、私はアメリカのTVドラマ「ザ・ホワイトハウス」に出演された時から注目していたんですよね♪

彼女の演技を見ているとストレスを感じることが多いというか、”耐え忍ぶ”女性の演技が上手い。

この映画もまさに!

「透明人間」と聞くと、私は必ずピンクレディーの透明人間を思い出してしまいますが。

若い世代だと、ケビン・ベーコンの「Hollow Man」邦題「インビジブル」を思い出すのかな?

こちらの作品もそういえば、ハーバード・ジョージ・ウェルズの「透明人間」が原作です。

映画館に観に行った気がするな。

そんな訳で今回は、監督リー・ワネル、主演エリザベス・モスによるスリラー、SFホラー映画「透明人間」のあらすじを少しだけご紹介します!

ぜひ、今後の映画選びのご参考までに。

あらすじ

ある夜、セシリアは科学者で恋人でもあるエイドリアンに睡眠鎮静薬、ジアゼパムを飲ませ彼の豪邸から逃亡を試みる。

林の中を走り抜け暗い夜道の中、妹のエミリーの車と思われるライトを見てほっとするも、林の奥から物音が聞こえ焦るセシリア。

エミリーの車に乗り込んだが、悠長に何があったのかと質問してくる妹にとにかく車を早く出してと急かすセシリア。

そんな時、停止していた車に追いついたエイドリアンは、セシリアを車から引きずり出そうとする。

驚きと恐怖におののいたエミリーは、慌てて車を発進させるがセシリアはエイドリアンが無理やりドアを開けようとして揉み合いになった際、ジアゼパムの容器を道路に落としてしまった。

車はそのまま暗い夜道を走り去る・・・。

公開日:2020年7月10日(日本) 2020年2月28日(米国)
監督:リー・ワネル
原作:H・G・ウェルズ「透明人間」(キャラクターとコンセプト)
脚本:リー・ワネル
製作:ジェイソン・ブラム、カイリー・デュ・フレズネ
出演者:エリザベス・モス、オルディス・ホッジ、オリバー・ジャクソン=コーエン、ハリエット・ダイアー、ストーム・リード、他
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ

「透明人間」日本版 予告編

出典:シネマトゥデイ / YouTube

最後に

何かの映画を観に行った際に、予告編を見て気になっていた映画ではありましたが、見えない敵がどうやって現れ、どのように戦うのだろうと疑問があったため、あまり期待をしていませんでしたがやはりリー・ワネル。

期待を裏切りませんでした。

面白かったです。

エリザベス・モスの演技もまた良かった。

それと、セシリアの”友達”役のオルディス・ホッジ格好良かったな。

刑事の役なのですが、1つのシーンで自宅で彼が出勤時、カメラが引いて全身が映る場面がありスリムジーンズを履いているんですよね。

あまりにもピッタピタ過ぎない?と思ってしまった私です。

まぁ衣装でしょうけどそんな、オルディス・ホッジ。

何の作品で見た方だろうと思い、ウィキペディアをチェックしましたら、私が見た作品の中で思い当たるのは多分「Black Mirror(ブラック・ミラー)」。

日本での劇場公開は7月10日に決定したようですね♪

夏の劇場公開という事で、ホラー映画として楽しむのもいいかも。

リー・ワネルの映画ファン、SFホラー、サスペンス映画好きな方、出演される俳優陣のファンの方はぜひお見逃しなく!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください