Avengers: Endgame「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)

Nature 自然

-Photo by Pixabay from pexels

週末、待ちに待った「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観に行って参りました!

こちらでは、4月26日の午前0時から公開になったのですが、夫の熱狂的なアメコミファンの友人らは、金曜日に休みを取り夜中に観に行っていましたね。

私たちは、金曜日の夕方のショーに行ったのですがまるでスターウォーズ並みの人気。

ここ数年はこの辺りでも、ネットからチケットを購入するシステムが導入され、人々もそれに(やっと?)慣れてきたようで超人気映画のために並ぶという行為がされなくなり、劇場に行ってもひと目でその作品の人気度が、みてはとれなくなっているのですけどね。

いくつかある映画館で、公開されているシアターは一つではないものの、私達が見たシアタールームは満員御礼。

席に一度座り、コーヒーを買いに行ってくれた夫は30分ほど戻ってきませんでした。
映画館内のバーやショップは、アベンジャーズ祭りのお客たちでとても混雑していたそうです。

それはそうと今回の映画のお話。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、アメリカン・コミックの出版社マーベルが生み出したスーパーヒーロームービー。

「アベンジャーズ」作品だけで言うと、The Avengers(アベンジャーズ)、Avengers:Age of Ultron(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)、Avengers:Infinity War(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー)に続く続編映画。

その他のMarvel Cinematic Universe(マーベル・シネマティック・ユニバース)、通称MCUにより製作された作品から数えると22番目の映画になるそう。

マーベルやDCコミックスのアメコミを熟読して育った、大のアメコミファンの夫を持つ私はこの22作品、全てをもちろん見ています。

ブログに残したものだけでも古い順にご紹介すると

この「アベンジャーズ/エンドゲーム」が、「アベンジャーズ」としての物語の最終話となるそうで寂しい限りです。

そんな訳で、今回は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のあらすじを少しだけご紹介します!

あらすじ

サノスが手に入れたスペース・ストーン、リアリティ・ストーン、マインド・ストーン、パワー・ストーン、タイム・ストーン、ソウル・ストーン。

サノスは、この6つのインフィニティ・ストーンを使い全世界の人々を半分にしてしまった。

クリント(ホークアイ)は家族と和やかな時間を過ごす中、目の前で消えてゆく家族たちを救えずに絶望してしまう。

宇宙に取り残されたトニー・スタークとネビュラは、水と食料それに燃料、酸素まで底付いてしまうという絶体絶命の危機をキャロル(キャプテン・マーベル)に救われた。

アベンジャーズ基地に集まったブラックウィドウ、ハルク、キャプテン・アメリカ、ロケット、ソー、ジェームズ・ローズのメンバーに加わったキャプテン・マーベル。

彼らはサノスを倒し、インフィニティ・ストーンを手に入れ、失われた人々や仲間たちを元に戻そうと計画を立てそれを実行するのだが・・・。

公開日:2019年4月26日(日米同時公開)
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
原作:スタン・リー、ジャック・カービー「The Avengers」
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ビクトリア・アロンソ、ルイス・デスポジト、ジョン・フェブロ、ジェームズ・ガン、スタン・リー、トリン・トラン
出演者:ロバートダウニーJr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド、ベネディクト・カンバーバッチ、チャドウィック・ボーズマン、ブリー・ラーソン、トム・ホランド、カレン・ギラン、ゾーイ・サルダナ、エリザベス・オルセン、ダナイ・グリラ、ベネディクト・ウォン、真田広之、他
音楽:アラン・シルヴェストリ

「アベンジャーズ/エンドゲーム」日本版 予告編

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編 / シネマトゥデイ

最後に

面白くて泣けて、エンターテイメント性があり過ぎるくらいにあるアメコミ映画です!
小さいお子さまから大人まで、アベンジャーズ祭りを楽しんでいる様子も見て取れました。

英語を話したいと思っている方、アメリカ文化に馴染みたいと思っている方は今回の「アベンジャーズ/エンドゲーム」、絶対に見ておいた方が手っ取り早く彼らの文化に溶け込めますよ。

スターウォーズに続く、アメリカン・カルチャーの1つです♪
会話のネタにもなりますからね。

カフェやスーパーの列での待ち時間、好きなアベンジャーズヒーローのTシャツを着ている方や、ショップの店員さんキャッシャーの方々と映画を観た?とか観ないなどの会話をきっかけに軽いお喋りが始められたり。

ちなみに私が1番好きなスーパーヒーローは、やはりトニー・スターク「アイアンマン」かな〜。

スーパーヒーローでなくても、天才でプレイボーイで億万長者ですからね♡
非の打ち所がないのです。

日米ともに絶賛公開中ですから、今までのアベンジャーズ作品を少々復習してぜひぜひ劇場に足をお運びください!

最新記事はこちらです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください